>  >  > 新説!人類の起源は30万年前だった
シリーズ「DNA鑑定秘話」第56回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

新説! ホモ・サピエンスの起源は定説より10万年も遡る<30万年前>だと判明の画像1
人類の起源は何万年前?(http://jp.depositphotos.com)

 現生人類のホモ・サピエンスの起源は、20万年前とする定説より、さらに10万年も時代を遡る30万年前だったとする研究論文が英科学誌『Nature』に発表された(AFP NEWS 2017年6月8日)。

 発表によれば、独マックス・プランク進化人類学研究所の古人類学者ジャンジャック・ユブラン氏らの研究チームは、モロッコ中央部の都市マラケシュに近いジェベリルーにある先史時代の野営地から、古代人類5人の頭蓋骨と骨の断片、狩猟や食肉処理に使われた石器を発掘し、年代測定を行なった。

 今日まで最古とされているおよそ19万5000年前の化石が見つかったアフリカ東部のエチオピアは、人類進化のルーツの地とする「エデンの園」定説につながっている。

 だが、今回の発見が契機になり、人類の進化の系統図が大きく書き換えられ、既に絶滅した一部のホモ属が人類の祖先候補から除外される可能性があるという。

化石や人骨の年代を推定できる放射性同位体

 このような化石・人骨・遺跡の絶対年代を測る考古学的・自然科学的な解析法、それが年代測定法だ。年輪年代法、縞粘土年代法、放射性炭素法、フィッション・トラック法、熱ルミネッセンス法などがある。

 動植物の遺骸を測定する放射性炭素年代測定(radiocarbon dating)は、地球の生物圏(バイオスフェア)に存在する放射性同位体の炭素14 (14C) の存在比率が1兆個につき1個とほぼ一定であることを根拠にした年代測定法。C14年代測定とも呼ぶ。

 炭素14の存在比率は、動植物の内部では死ぬまで一定だが、死後は新しい炭素の補給が止まり、存在比率が下がる。

 また、炭素14 は、約5730年の半減期でβ崩壊によって電子を放出して減少するため、サンプルの炭素同位体12/14比から、化石や人骨の年代を推定することができる(地層科学研究所science-059.php)。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。