>  >  > 副総理・麻生太郎に重大疑惑が浮上! 不可解なグーグルオフィス取得(350億円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
asotaro75.jpg
麻生太郎オフィシャルサイトより


 安倍一強時代が終わりを迎えつつあると噂される今、次期総理大臣として最も有力な存在として誰もが口をそろえるのが「麻生太郎」副総理兼財務相だ。トカナでは麻生太郎が「フランシスコ麻生太郎」という洗礼名をもつイエズス会系組織のメンバーであるとともに、世界的な陰謀組織イルミナティとつながっている可能性について先日触れたばかり(記事参照)だが、今回はさらに現実的な陰謀疑惑を交え、その続報をお伝えしたい。

 去る5月1日、麻生氏は米カリフォルニア州ロサンゼルス市内でウィルバー・ロス商務長官と、イレーン・チャオ運輸長官と会談し、4月に始まった「日米経済対話」が円滑に進むよう意見交換を行ったことは日本でも伝えられた。しかし、そのわずか3カ月前の2月8日に、麻生氏の実家企業である「株式会社麻生」が南カリフォルニアで、検索大手グーグルが入居しているオフィスにあたる床面積約5万平方メートルの旧航空機格納庫と土地を約350億円で取得したことを並べて報じているメディアはない。

「『株式会社麻生』は、福岡県にあるセメント製造や病院経営など幅広い事業運営を行っている会社で、現会長は麻生の弟A、社長はその弟の長男Bですが、不動産事業は現在社長のB氏が本部長を務めています。B氏はIT・インターネット関連への造詣が深く、日本の動画配信大手ドワンゴの取締役や、ドワンゴと経営統合しているメディア大手KADOKAWAで社外取締役を兼務していて、そのドワンゴ-KADOKAWA連合は『日本版・グーグルを目標』として事業を展開しているといわれています。今回はその目標に一歩近づくため、既存事業に加え海外資産由来の利益も増やし、経営基盤を強化したのでしょう」(事情通)

「ですから、『株式会社麻生』が米国進出を目標に土地を購入するのは自然な流れといえるでしょう。しかし、麻生がトランプ政権との交渉の全権代表窓口に就いたのが、昨年11月と今年2月に行われた安倍首相とトランプ大統領との日米首脳会談のときですから、その直後にカリフォルニア州で優良な不動産物件を購入し、5月には本人が訪問しているとなると、なにやらキナ臭くなる。土地購入をめぐって、裏で麻生が糸を引いたのでは? という話が一部で流れています」(事情通)

 まさに現在“森友・加計”問題で土地購入をめぐる政府の態度が問題視されているが……。

コメント

3:匿名2017年10月13日 02:40 | 返信

イルミナティがあるから社会が発展するし、
アンチイルミナティがあるから、また人生が面白い。

2:グノーシス主義者2017年7月28日 15:25 | 返信

麻生太郎はパウロ教イエズス会の自称300人委員会幹部ですからね〜
表情筋で6の字を描いてタコのような顔をしてバール神をたたえているのです(笑)
この記事書いたやつ分かってるねー!
一緒に飯食ったら面白いだろうな!

1:匿名2017年7月28日 00:15 | 返信

民進党やマスゴミの捏造より酷いなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。