>  > 米政府による国民洗脳技術「リリー波」が激ヤバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 アメリカでは、政府による民衆のマインドコントロールが、以前から度々噂されている。これまではプロパガンダやメディアの検閲がその主なやり口であったが、しかし最近では高度なテクノロジーを用いて遠隔的に、かつ気づかれないうちにマインドコントロールする技術が使われているという。オルタナティブメディア「Disclose.tv」がその一端を報じている。

0724lillywave-1.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用


■リリー波によるマインドコントロール

 近年のマインドコントロールに使われている手法の一つは、アメリカの高名な科学者ジョン・C・リリー氏(1915~2001)が開発した「リリー波(Lilly wave)」であるという。リリー波の正体は脳のニューロンを共鳴させる電気パルスであり、被験者の脳波パターンを制御する能力があるという。かつては、側頭葉てんかんの治療への応用が研究されていたこともある。記事によれば、このリリー波を応用すれば電磁波や音波によって脳に遠隔的な刺激を与え、制御できるのだという。

LillyWave.jpg
リリー波の研究論文 画像は「archive.org」より引用

 ジョン・C・リリーは米・カリフォルニア工科大学で神経生理学を学び、ペンシルベニア大学で医学博士号を取得した高名な脳科学者である。生涯を通して脳と意識をテーマに研究を続け、イルカとのコミュニケーションや感覚遮断による意識変性の研究はとりわけ有名である。アイソレーションタンク(あらゆる感覚を遮断し、リラクゼーションを得るための装置)の考案者としても知られる。当初は軍や大学で研究に従事していたが、自身の研究が洗脳手段などに応用されることを厭うようになり、裕福な銀行家であった実家の豊富な財力を活かして独自の研究を行うようになった。

 さて、このリリー波は40Hzの周波数による電気パルスで、脳内に存在する水の分子を介して人間の脳のニューロンと共鳴するという特色を持っている。脳内に電極を埋め込むことなく、外からの刺激でニューロンを操作できるのだ。記事によれば、リリー波を応用することで、電磁波や音波のような目に見えない遠隔的な手段で脳に刺激を与えて脳波を制御できる、つまり本人に全く気づかれないまま思考や感情を操作することが可能だというのだ。

0724lillywave-2.jpg
ジョン・C・リリー博士。画像は「Wikipedia」より引用

 そして、リリー氏の友人でもある科学者パトリック・フラナガン氏が、アメリカ政府はこの発明に早くから目をつけており、国民向けの洗脳兵器としての応用研究を進めていたと主張している。

コメント

2:匿名2017年10月13日 09:27 | 返信

米国はリリー波を使って人間を遠隔操作するから見つからない、裁かれない
パチンコ屋は離れた小部屋からネット回線を使って遠隔操作をするから捕まる、裁かれる
もし、パチンコ屋がリリー波の操作を覚えたらえらいこっちゃw

1:匿名2017年7月28日 20:31 | 返信

テレビ画面から電磁波を出すの?w
昔のブラウン管とかならまだしも、液晶や有機ELやLEDだと、どうやって電磁波出すんだろう?w
まぁ、光も電磁波の一種ちゃあ一種だけどねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。