>  >  > 宇宙と時間は同じことを無限に繰り返している!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
【ガチ】「宇宙と時間は同じことを無限に繰り返している」物理学者が断言! デジャヴの原因はサイクリック宇宙論にあった!?の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 ある時、ふと過去に全く同じことをしたと感じることはないだろうか? それはもしかしたら、宇宙と時間が永遠に繰り返されているからかもしれない。


■宇宙と時間は繰り返している

 誕生以来、宇宙は加速度的に膨張を続けていると言われており、その終局において限界を迎えた時、収縮を始めると考えられている。そして、数兆年かけ無限小の点にまで収縮すると、今度は再びビッグバンを起こし宇宙が創造される。

 英紙「Express」の記事(7月22日付)によると、これは新たな始まりでもあるが、同時に同じことの繰り返しでもあるという。かつての宇宙と寸分違わず宇宙は膨張し、エントロピーが拡散するからだ。つまり、全く同じ歴史が永遠に繰り返されることになる。米・ノースカロライナ大学の物理学者ポール・フランプトン教授は、このことを次のように語っている。

「宇宙のサイクルは無限回起こっています。ゆえに、あらゆる始点や終点は意味をなさないのです」(フランプトン教授)

【ガチ】「宇宙と時間は同じことを無限に繰り返している」物理学者が断言! デジャヴの原因はサイクリック宇宙論にあった!?の画像2
画像は「Express」より引用

 また、カナダ・ペリメータ理論物理学研究所のパランプリート・シン博士も、ビッグバン以前の宇宙は我々の宇宙と全く同じであるという独自の理論を提唱している。収縮による宇宙の崩壊後に起こるとされる反発「ビッグバウンス」の前は、全ての特徴が同一であり、同一の運動方程式に従って宇宙が開闢、同じ進化の道筋を辿るというのだ。

 このように宇宙は無限に循環しているとする宇宙論は一般的に「サイクリック宇宙論」と言われている。宇宙に始まりも終わりもないとはどこか奇妙な気もするが、絶対的な始点を想定することによる難問を回避することは確かである。一切の創造者である最高存在を立てる必要がなくなるからだ。

コメント

1:匿名2017年7月26日 20:20 | 返信

ダークエネルギーはそれを信じる科学者の頭の中だけに存在すると言われる今日、『宇宙は加速度的に膨張を続けていると言われており、その終局において限界を迎えた時、収縮を始めると考えられている』と加速膨張宇宙論を認めながらサイクリック宇宙論を支持するかのような根拠のあやふやなこの記事は結局何を言いたいのか?宇宙の膨張を減速させるものとして提案されたダークエネルギーの存在が検証されず1911年に宇宙膨張の証拠が見つかってノーベル賞を受けているのである。知らない人に誤まった知識を植え付けかねないこの記事はフェイクニュースに認定したい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。