>  >  > 「3本指の宇宙人ミイラ」が人類よりも爬虫類に近い可能性が濃厚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

エイリアン

,

ナスカ

,

ミイラ

,

宇宙人

 ペルー・ナスカで発見された5体のエイリアンのミイラ。現在、調査チームが鋭意分析中だが、ここで新しい発見が報じられた。なんと、5体のうちの1体の小型エイリアンの全身が公開され、人間よりも爬虫類に近い種族であることが判明したというのだ!


■人類よりも“爬虫類”に近い生物

ナスカで発掘された「3本指の宇宙人ミイラ」が人類よりも爬虫類に近いことが濃厚! 古代人と共生していたレプティリアンの可能性 の画像1
画像は「EWAO」より引用

 公開されたのは、指がそれぞれ3本しかない全長60cmほどの小型のエイリアン。UFO探求サイト「Gaia」の宇宙人探索チームが新たに公開したドキュメンタリー映像によると、これまで公開された「マリア」と「ヴィクトリア」と呼ばれる宇宙人と同じ“墓地”から発掘されたという。

 ヴィクトリアは首から上が欠損していたが、今回はしっかりと表情が確認できる。我々がよく知っているグレイ型エイリアンにそっくりである。コーンヘッド状の頭部、細く釣りあがった目、小さな顎、まさに宇宙人としか言いようがない姿形だ。

ナスカで発掘された「3本指の宇宙人ミイラ」が人類よりも爬虫類に近いことが濃厚! 古代人と共生していたレプティリアンの可能性 の画像2
マウサン氏「RT」より引用

 ラテンアメリカ最高のUFO研究家ハイメ・マウサン氏は、発掘された5体のミイラは宇宙人に間違いなく、人間よりも“爬虫類”に近い生物だと語っている。また、スペイン語版「RT」(7月17日付)のインタビューでは、同ミイラが地球外の生命体である科学的な証拠も揃っていると自信満々だ。さらに驚いたことに、これら5体のエイリアンは人間とともに生活していた可能性まであるという。

「これらのミイラは聖域として知られる、人間の墓地から発掘されました。つまり、彼らは我々の先祖とともに暮らしていたのです。敵対関係にはなく、互いの種族と文化を尊敬しあう関係にあったと考えられます」(マウサン氏)

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年10月11日 15:13 | 返信

小学生の粘土細工

2:匿名2017年7月26日 21:07 | 返信

ハイメ・マウサンが紹介している時点でアウト

1:匿名2017年7月26日 11:54 | 返信

コンスタンティン・コロトコフをググってごらんw

胡散臭さ炸裂だからw

トンデモ科学者だよねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。