>  >  > 中国の巨大人工洞窟「龍游石窟」にまつわる7つのミステリーが謎すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

7不思議

,

中国

,

古代文明

,

洞窟

,

石窟

,

龍游石窟

 世界9番目の不思議と名高い中国・浙江省の「龍游石窟」。我が国ではあまり知られていないが、その不思議さは世界最大のミステリーの1つであるギザの大ピラミッドもひけをとらないとも言われている。


■龍游石窟の7不思議

世界9番目の不思議! 2千年前に建造された中国の巨大人工洞窟「龍游石窟」にまつわる7つのミステリーが謎すぎてヤバい!の画像1
画像は「Ancient Origin」より引用

 海外ミステリーウェブマガジン「Ancient Origin」によると、龍游石窟は1992年6月9日、地元の村人が“底なし池”の水を抜いたことで偶然発見されたそうだ。中国最初の王朝である秦朝(紀元前221年~206年)以前に建設された人工石窟と見られているが、不思議なことに一切の歴史書にこの石窟に関する記述がなく、その由来、目的、建造方法、建造に使用された道具などは未だに不明だという。


●生命反応がない

 その他にも数多くの奇妙な点が報告されている。先述したように、龍游石窟は“底なし池”の水を抜いたことで発見された。そのため、発見当時は石窟内部が水浸しになっていたそうだ。しかし、不思議なことにそこには魚はおろか、あらゆる生物が一切存在しなかったというのだ。


●東京ドーム級の体積

世界9番目の不思議! 2千年前に建造された中国の巨大人工洞窟「龍游石窟」にまつわる7つのミステリーが謎すぎてヤバい!の画像2
画像は「Ancient Origin」より引用

 次にその大きさである。龍游石窟は36の人工石窟群からなり、それぞれ高さは30メートルほど、広さは平均して1000平方メートルほどあり、合計して3万平方メートルもの広大な面積を有している。削り出された岩石は東京ドーム約1個分の100万立方メートルにものぼると見積もられているが、1000人の人間が昼夜問わず作業にあたったとしても6年もの歳月がかかると試算されている。

 さらには、天井、壁、柱の表面には規則的な溝が丁寧に掘り込まれていることから、完成にはそれ以上の膨大な年月がかかったことは間違いないと見られている。一説によれば、この紋様は紀元前500年~紀元前800年の壷に描かれたものと類似しているとのことだ。また、掘り出された大量の岩石がどこに移動されたかも分かっていない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。