>  > イエティの子どもがアゼルバイジャンで保護される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【衝撃】靴下を履いた伝説のUMA「イエティの子ども」がアゼルバイジャンで保護される! 二足歩行映像が衝撃的すぎる!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 東欧で全身毛むくじゃらの人間のような顔をしたクリーチャーが撮影されたとのニュースが飛び込んできた。その余りにも異様な姿形に専門家からは「イエティの子どもではないか?」との声もあがっている。

 ミステリー系科学サイト「Mysterious Universe」(7月28日付)などによると、問題の動画はロシアやジョージア(グルジア)に隣接する南コーカサスの国アゼルバイジャンで撮影されたとみられ、撮影者は不明だという。撮影日は2016年とするサイトもあるが、具体的な日時は分かっていない。

 オルタナティブサイト「Disclose.tv」が紹介している、YouTubeチャンネル「channel 51」の動画(6月11日)では、まず、人間の子どもとも猿とも見える顔をした生命体が地面に横になっている様子が映し出され、後半では、その生物が二足歩行で部屋の中を飛び回り、元気に徘徊する姿がおさめられている。大きさは、ざっと60cmほどだろうか。足元に緑色の靴下らしきもの、飼い主と思しき人物の手にはリードのようなものが握られていることから、ペットとして飼われている可能性もある。凶暴性は見られず、かなり友好的なようだ。一体この生物は何なのだろうか?

動画は「YouTube」より引用
【衝撃】靴下を履いた伝説のUMA「イエティの子ども」がアゼルバイジャンで保護される! 二足歩行映像が衝撃的すぎる!の画像2
画像は「YouTube」より引用
【衝撃】靴下を履いた伝説のUMA「イエティの子ども」がアゼルバイジャンで保護される! 二足歩行映像が衝撃的すぎる!の画像3
画像は「YouTube」より引用

 イエティをはじめとした「未確認生物学(cryptozoology)」を専門とするロシア人のイゴール・ブルトセフ氏は、ロシアのコーカサス地方に存在するとされるUMA「アルマス」や「イエティ」の子どもではないかと分析している。確かにイエティは全身毛むくじゃらの二足歩行生物だと言われており、身体的な特徴は合致するように思われる。一方、ネット上では、サルにウィッグをかぶせただけではないかとの指摘もあり、大きな議論に発展しているようだ。

コメント

7:匿名2017年7月31日 00:25 | 返信

鶏かなあ?w

6:匿名2017年7月30日 16:42 | 返信

>>2
リスザルDEATH

5:匿名2017年7月30日 01:23 | 返信

ちょっとピグモンに似てる
いたら飼いたい

4:匿名2017年7月30日 00:39 | 返信

手は人間の手をメイクでごまかしてる。
明らかにサルだね〜わかってはいたけど(笑)

3:匿名2017年7月29日 12:54 | 返信

リスザルw

2:匿名2017年7月29日 10:33 | 返信

>>1

こーゆうのわざわざ否定するて余裕のない人生送ってるんやろな

1:匿名2017年7月29日 10:25 | 返信

顔や手の映像は、誰かが特殊メイクでもしたんだろ?w
手の形は猿ではなさそうだからなw

歩き回ってる映像は、顔も手もハッキリ写って無いから、着ぐるみ着せた猿かもねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。