>  >  > 「次に危険なプッツン芸能人」を記者が暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
puttun_1.jpg
画像は『Too many people』、「泰葉オフィシャルブログ」、「“THE TRUTH” FROM TOKYO JAPAN」、「ふわっとした瞬間」より引用

 芸能界版“シンクロニシティ”なのか――!? このところ、俗に「プッツンした」芸能人が後を絶たない。口火を切ったのは、昨年11月末に再び覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKAだ。その後、ASKAは尿検査で採取した液体を「ペットボトルのお茶だ」と言い張り、無罪放免に。今年に入り、ブログで盗聴集団「ギフハブ」との“暗闘”を壮大なスケールのもと書き綴っている。詳しくは実際のブログを見てほしいが、ハッキリ言って理解不能。ついには長年連れ添った妻もASKAの元を去っていった。

 お次は突如ブログで、元夫・春風亭小朝の虐待を暴露した泰葉だ。「部屋に吊るされた状態でパンを食べさせられた」「SMの先生との3Pを強要された」など、にわかには信じ難いエピソードを連発し物議を醸すも、誰も相手にせず、ついには海老名家から“勘当”された。

 最近のケースで外せないのは、船越英一郎に牙を剥いた妻の松居一代。動画サイトで船越の“バイアグラ不倫”を暴露したのを皮切りに、カツラ疑惑や脚本家・大宮エリー氏との“ただならぬ関係”を一方的に垂れ流した。動画での鬼気迫る表情は「2時間ドラマの帝王」と呼ばれた船越を凌ぐ。今後は船越との離婚調停のほか、所属事務所「ホリプロ」との民事訴訟が待ち構えている。

 そして今月26日には“元祖プッツン女優”こと石原真理子が、都内のスーパーでペットボトルのお茶と弁当を万引きしたと報道された。逮捕はされておらず、スーパーとの示談も成立したことから、家に帰されたというが、当の本人は「店を告訴する!」と息巻いているという。彼女のブログもまた、例に漏れず理解不能。闇の大きな力を相手に孤軍奮闘しているという構図はASKAや松居にも通ずるところがある。

 こうした“プッツン芸能人”の連鎖噴火は単なる偶然なのか? 科学の世界では「シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)」という言葉があり、日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」とも訳される。これは人間、動物、自然とあらゆるものに現れる非因果関係にもたらす偶然の一致を表す時に用いる正式名称で、行動、思想の偶然の一致もその中に含まれる。

コメント

3:匿名2017年7月31日 00:40 | 返信

この記者、「詳しくはASKAブログ」をと言いながら全然ASKAブログ読んでないな。
ギフハブは単なる言い間違いだぞ。
理解不能じゃねーよ。お前らメディアがそうレッテルを貼りたいからそう言ってるだけだろ。理解できないのか?頭悪いのか?いや、理解できないと言い張ったほうがお前らには都合いいもんな。
名前が挙がってる松井、石原も週刊誌とかゲスメディアと一悶着あった人間だ。何がシンクロニシティだ。馬鹿か。お前らが狙い撃ちしようと思えばなんとでも言える、それがメディアなんだよ。
クソみたいな人間性だなトカナさんよー。

2:匿名2017年7月31日 00:40 | 返信

この記者、「詳しくはASKAブログ」をと言いながら全然ASKAブログ読んでないな。
ギフハブは単なる言い間違いだぞ。
理解不能じゃねーよ。お前らメディアがそうレッテルを貼りたいからそう言ってるだけだろ。理解できないのか?頭悪いのか?いや、理解できないと言い張ったほうがお前らには都合いいもんな。
名前が挙がってる松井、石原も週刊誌とかゲスメディアと一悶着あった人間だ。何がシンクロニシティだ。馬鹿か。お前らが狙い撃ちしようと思えばなんとでも言える、それがメディアなんだよ。
クソみたいな人間性だなトカナさんよー。

1:匿名2017年7月30日 12:36 | 返信

芸能人ではない(?)が 浮かんだのは昭恵さん

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。