>  >  > 処女の経血をすする村人、またがる女児=近畿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
奇習! 処女の経血をすする村人、男根にまたがる女児 ― 近畿地方で行われていた不可思議な初潮の祝賀儀式とは?

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方  今でこそさほど行われなくなったものの、かつて、日本の家庭においては、その家の女児が初潮を迎えた際に、赤飯を炊いて祝うなど、七五三や成人式などのように、家族総出でその節目を祝う慣習が存在していた。しかしそうした「祝い」の儀式が、あらぬ形で独自発展したと思しきケースが存在している。 「ええ、私はほかのところでも、それこそ日本全国でそういうことが当たり前に...

関連キーワード