>  >  > 処女の経血をすする村人、またがる女児=近畿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
kishu07262_02.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

 今でこそさほど行われなくなったものの、かつて、日本の家庭においては、その家の女児が初潮を迎えた際に、赤飯を炊いて祝うなど、七五三や成人式などのように、家族総出でその節目を祝う慣習が存在していた。しかしそうした「祝い」の儀式が、あらぬ形で独自発展したと思しきケースが存在している。


「ええ、私はほかのところでも、それこそ日本全国でそういうことが当たり前に行われているのだと思っていましたよ。なにせ村を挙げてのお祭りでしたからね、まさかあのあたりだけがそういうことをやっていただなんて考えもしませんでした」


 かつて自身が育った近畿地方のとある地域で行われていたという、初潮の祝賀行事についてそう語りはじめたのは、現在、兵庫県某所にある特別養護老人ホームで余生を過ごしている元自営業・横澤誠一郎さん(仮名・80)。横澤さんの話によると、彼の生まれ育ったその地域においては、女児が初潮を迎えると、まるで村祭りでも行われているかのような、集落全体の祝いの儀式が執り行われていたという。


「まずね、女の子に“月のモノ”がくるようになりますと、その最初の血は、少しでも多く、とっておくようにするんです、杯というか、小皿のようなものにね。それでその血を、そのまま村の神社へと持っていって、神主さんが祈祷するんです。その時には村の人らが全員そこに集まって、みんなで神妙な面持ちで一緒に祈る。いつかこの子が無事に元気な赤ん坊を生みますように、って」

関連キーワード

コメント

1:因習2017年8月18日 01:50 | 返信

まさにブラクティカルソリューションズという感じだね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。