>  >  > 「ガザ地区」紛争地帯で激写された子どもたちの微笑み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 多感で自由で伸びやかな幼少時代が戦争で失われるのはとても残念なことである。しかし我々が考えているよりも子どもたちはたくましいのかもしれない。紛争地域の児童が見せる子どもらしい姿を捉えた写真が話題だ。


■破壊された街で今を生きる子どもたち

 2014年6月、イスラエル国防軍とガザの武装組織・ハマスを中心とする勢力との間で大規模な武力衝突が勃発。ミサイル攻撃や空爆も行われる紛争に進展し、同年8月26日の無期限停戦までにガザ地区での死者は2200人を超えたといわれている。

 難民キャンプや病院でも爆発が起こり、子どもたちの命も多く失われ、ガザの街がガレキの山と化す悲惨な紛争となった。そしてもちろん、停戦後もガザの市井の人々の生活はそのまま続いていく。ガザ在住の写真家であるイマッド・ナーセル氏は、破壊されつくした街の中で子どもたちの命が輝く瞬間を収めた写真の数々をInstagramなどで発表している。

 人生の中でも最も周囲の愛に包まれてハッピーな体験の連続であるはずの幼少期が戦火で台無しにされるのは、むしろそばで我が子を見守る両親が一番悲痛な思いを味わっているのではないだろうか。

kidsinwar1.JPG
 「Twisted Sifter」の記事より

 破壊された街の父親はある晴れた日に、子どもたちの笑顔を取り戻そうと幸運にも無傷で残っていた浴槽に水を張り、そこに娘と姪を入れた。荒廃したガレキの街を背景に、嬉々として水遊びを楽しむ子どもたちの“子どもらしい”笑顔の瞬間がナーセルによって切り取られた。この浴槽は空襲に見舞われた家の中の物で唯一無傷で残ったものだということだ。

kidsinwar2.JPG
 「Twisted Sifter」の記事より

 2人の少年が爆撃で破壊された家で、ガレキを利用したシーソー遊びで笑顔を覗かせる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。