>  >  > 世界最大の超巨大ペニス&睾丸を持つ男!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1707_biggestball_1.jpg
画像は、「NANANSEM.COM」より

 睾丸の肥大化といえば、良性の“精巣腫瘍”を患ったお笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、2000年10月に左睾丸を摘出したことでも話題になった。田中の精巣腫瘍は、男性の10万人に1人が発症するという珍しい病気で、20~30代の若者に多く見られるという。精巣腫瘍を発症すると、片側の睾丸に腫れや固さの変化が見られるが、痛みを伴わない場合が多く、症状がかなり進行して初めて気づく患者も少なくないという。

 今回紹介する21歳のケニア人男性フォレンス・オピヨさんも、睾丸と男性器の信じられないほどの巨大化によって一躍有名になった。彼の症状が現れ始めたのは2006年、まだ10歳の頃だった。自身の性器に小さな嚢胞を発見したフォレンスさんは、医師の診断を受けるも原因は不明。その後も症状は一向に回復しないばかりか、睾丸が日に日に成長を続け、やがては服を着ることも歩くことも不自由になり、学校を辞めざるを得ない状況に陥ってしまった。

 今月19日、海外ニュースサイト「NANANSEM.COM」が公開した映像には、平均的な成人男性の10倍もの男性器と睾丸を持つフォレンスさんの姿が……。大きく膨れ上がった性器は、亀頭部分が右側にグニャリと曲がっており、股下には尻の2倍ほどの大きさになった巨大な睾丸がぶら下がっている。履いているパンツは歩くたびにずり落ち、パンパンに膨張した睾丸によって何とか支えられている状況だ。

 最近、性器を通常のサイズに戻す手術を受けることができたフォレンスさん。幸いなことに順調な回復を見せており、3カ月以内には正常な機能を取り戻し、将来的には子どもを持つことも可能だと医師は楽観的な見通しを示しているのだとか。

 大きいペニスに憧れる男性も多いだろうが、何事にも適切なサイズやバランスというものがある。1日も早いフォレンスさんの回復を願うばかりだ。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年8月12日 16:38 | 返信

ジブリ作品にでてなかった?

1:匿名2017年8月 4日 00:30 | 返信

象皮病と違うのか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?