>  >  > 笑っただけで最凶グロサイトに掲載された男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

laughing.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 世の中には、特徴的な笑い方をする人がごまんといる。しかし、ただ笑っているだけの姿がグロと認定され、ショッキングニュースサイトに投稿されてしまう人はそう多くはいないはずだ。今回は海外サイト「DEATH ADDICT」に掲載された、「グロすぎる笑い顔」の男を紹介しよう。

 映像には、カメラに向かって数回口づけをした後に大口を開け、「ハッハッハッハッ!」と部屋中に響きわたるほどの甲高い笑い声を上げる男の姿が……。まるで映画の悪役キャラクターを彷彿させる不気味な声に、身の毛がよだつ人も少なくないだろう。また、不気味さに一層拍車をかけているのが彼自身の見た目だ。丸見えになった歯茎からは、表面が真っ黄色に変色した2本の前歯が覗き、お世辞にも“グッドルッキングガイ”とは言い難い。動画には“笑ってはいけないチャレンジ”と解説が加えられており、視聴者からの反響は上々のようだ。

 さて、見た目も笑い声も不気味といえば、映画『チャイルドプレイ』シリーズに登場する“チャッキー”を思い浮かべる人も少なくないだろう。劇中で殺人鬼へと豹変したチャッキーが、「ウーフフハハハハッ」と不気味な声を響かせて人間を虐殺するシーンに、身震いした人も多いはず。

 また映画『ソウ』シリーズに登場する人形“ビリー”も、不気味な見た目と恐ろしい笑い声を併せもつ同映画を代表するキャラクターだ。赤い目玉と、頬に描かれた赤い渦巻き模様が特徴的なビリーが自転車に乗って登場し、「ヒヒヒヒッ」と甲高い笑い声を響かせる姿は、多くの観客を縮み上がらせた。ちなみに、チャッキーとビリーはともに海外エンタメニュースサイト「The Wrap」が選出した“ハリウッド史上もっとも不気味で悪魔のような人形10選”にランクインしている。

 それにしても、笑っただけでグロサイトに掲載されてしまうとは、まったく気の毒としか言いようがない。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

4:匿名2017年9月 7日 09:10 | 返信

悪そうにも見えないし、かわいそうだ。

3:匿名2017年8月31日 13:07 | 返信

ファンキーだね 笑
なんでこれで「グロ」なんだ?

2:匿名2017年8月31日 02:01 | 返信

ロケットニュースの人じゃないの?

1:匿名2017年8月30日 22:55 | 返信

谷岡 ヤスジの実写版です

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?