>  > 知ったら恐ろしい負の一致「ダーク・シンクロニシティ」の実例8選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
知ったら恐ろしい負の一致「ダーク・シンクロニシティ」の実例8選! 同期死、同期不幸…理屈では説明できない絶望の連鎖とは?の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 因果的に何の関係もないはずの遠く離れた2つの出来事が同期をみせる現象「シンクロニシティ」。心理学者カール・ユングが提唱して以来、あらゆる分野で語られてきた概念であるが、その中には「ダーク・シンクロニシティ」とも言うべき、人の死にまつわる一致も存在する。ミステリー系科学ニュース「Mysterious Universe」の記事を参考に、実際に起こった「ダーク・シンクロニシティ」の実例を8つご紹介しよう。


■ウンベルト一世

知ったら恐ろしい負の一致「ダーク・シンクロニシティ」の実例8選! 同期死、同期不幸…理屈では説明できない絶望の連鎖とは?の画像2
ウンベルト一世暗殺事件「Wikipedia」より引用

 1900年7月29日、イタリア王国第2代国王ウンベルト一世が、アナーキストによりパレード中に暗殺される事件が起きたが、この暗殺事件にはあまりにも奇妙なシンクロがあったという。暗殺の前日、7月28日、ウンベルト一世はイタリア北部の都市・モンツァのあるレストランで食事をとったところ、その店のオーナーが顔付きも含め妙に自身と共通点が多いことに気付いた。そこで、詳しく話を聞いてみると、オーナーの名前は国王と同じくウンベルト、同年同日同時刻に同市内で誕生し、息子の名前から妻の名前まで全て一致したのだ。さらには、ウンベルト一世が国王に即位した日と、そのレストランがオープンした日まで同じだったというから驚きである。

 あまりの共通点の多さに意気投合した2人は、翌日のパレードで再会すると約束。しかし当日、たまたまオーナーは手入れをしていた銃が暴発し、死亡、パレードに現れることはなかった。その直後、ウンベルト一世も暗殺者の凶弾に斃れた。


■サラエボ事件

知ったら恐ろしい負の一致「ダーク・シンクロニシティ」の実例8選! 同期死、同期不幸…理屈では説明できない絶望の連鎖とは?の画像3
サラエボ市民と触れ合うフランツ・フェルディナントとゾフィー「Wikipedia」より引用

 第一次世界大戦の引き金となったサラエボ事件にも奇妙な一致があった。オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナントが、過激派テロ組織のメンバーだったネデリュコ・チャブリノヴィッチに暗殺された際、フェルディナントが乗っていた車のナンバーは「A III118」。これは奇しくも、第一次世界大戦の停戦記念日(Armistice Day)1918年11月11日と一致していたのだ。

コメント

2:匿名2017年11月30日 10:35 | 返信

ドッペルゲンガー

量子力学を知っている人じゃないね、あなた

1:匿名2017年8月 1日 10:40 | 返信

ウンベルト一世(在位:1878年1月9日 - 1900年7月29日)
1990年って最近じゃんw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。