>  >  > ケーキのろうそくを吹き消すと細菌が12000%増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

「ハッピーバースデートゥーユー」と皆で歌い、最後にバースデーケーキに飾られたろうそくの炎を吹き消す――。世界中でおなじみの誕生日を祝う光景だが、この習慣について衝撃的な論文が発表された。なんと、ろうそくに息を吹きかけて消すと、ケーキに大量の微生物が付着し、その数はおよそ14倍に増えるというのだ。この研究は英「Mail Online」などで報じられ、話題となっている。

0802birthday-1.jpg
画像は「MailOnline」より引用

■起源は古代ギリシャ

 バースデーケーキにろうそくを灯して吹き消す習慣の起源は、なんと古代ギリシアにまでさかのぼるのだという。女神アルテミスの寺院に、火を灯したろうそくを飾ったケーキを捧げたことが始まりだったといわれている。ろうそくから出る煙は信者たちの捧げた願いと祈りを神に届けると考えられていたのだ。また、バースデーケーキに年齢の数だけろうそくを立てる習慣も、18世紀のドイツにはすでに存在しており、ニコラウス・フォン・ツィンツェンドルフ伯爵の誕生日を祝うために行われたという記録が残っているそうだ。


■偽ケーキを使って実験

 今回の研究を行ったのは、米・クレムソン大学の教授ポール・ドーソン氏のチームだ。ドーソン氏は、娘の誕生日を祝うディナー中にこの実験のアイデアを思いついたという。

 実験では、直径約15センチメートルの丸い発泡スチロールの上に冷やしたアルミホイルを敷き、17本のろうそくを立ててバースデーケーキに見立てた。被験者は誕生日のディナーを模した熱いピザを食べてから、ろうそくの炎が全て消えるまで息を吹きかけた。そしてアルミホイルを回収し、付着した微生物の量を測定した。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年8月12日 22:48 | 返信

《歯槽膿漏菌が多い奴》の誕生日パーティーは
危険がいっぱい?!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。