>  >  > ロシア軍全面協力の“宇宙人・UFO襲来”映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
russia-0505.jpg
画像は、『アトラクション 制圧』公式サイトより

 今年で4回目を迎える東京・新宿シネマカリテの映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(7/15~8/18開催)のラインナップに選ばれ、『第9地区』『エリジウム』などに関わった世界屈指の制作会社、クリエーターがロシアに集結し誕生したロシアSF超大作『アトラクション 制圧』(配給:プレシディオ)が、今月新宿シネマカリテほか全国順次公開される。本作では、ロシア政府ならびにロシア軍が大きな存在感を放ち、ストーリー展開の原動力ともなっている。今回TOCANAでは、ロシア軍事ジャーナリスト小泉悠氏を直撃し、プロの目から見た本作の「リアル」を聞いた。

russia0803-2.jpg
©Art Pictures Studio

【あらすじ】
それは突如やってきた―ロシアの首都モスクワに巨大な宇宙母船が墜落。圧倒的な大きさでモスクワの街をなぎ倒し多くの死傷者を出しながら“それ”は着陸した。初めて遭遇する地球外生命体に戸惑う人々。ロシア政府は即座に戒厳令を敷き事態の鎮圧を図ろうとする。一方、軍の司令官の娘ユリアは、宇宙船とともにやってきた異星人の一人で、科学技術者であるヘイコンと知り合い仲を深める。異星人に対する排斥の機運が高まる中、ユリアはヘイコンが自身の惑星へと戻る為に必要なデバイスである“シルク”探しに協力する。混迷を極める状況の中で共に時間を過ごしていくうちに、ユリアはヘイコンへの愛に気づき、恋人のチョーマにそのことを告白してしまう。気が収まらないチョーマはヘイコンを、そして宇宙船を壊滅させるために武装蜂起。ユリアとヘイコンは銃弾に倒れてしまう。その傷を癒すために母船に運びこまれた二人。そこで初めてヘイコンの真のミッションが明らかになる!果たして人類の命運は!?


■現実の「ロシア」を描き切った作品。驚きの一言!

russia-koizumi.JPG
小泉悠氏

――ロシア軍事ジャーナリストの小泉さんからみた『アトラクション 制圧』の感想を教えてください。

小泉 宇宙船墜落・宇宙人襲来というまさにSFの体裁でありながら、現実のロシアが非常によく描かれ、驚きの一言です。

 本作で宇宙人として描かれているのは、ロシアが直面する「敵」のメタファーと考えてよいのではないでしょうか。主人公ユリアが、突如襲来した宇宙人と少しずつ心を通わせていくプロセスと、恋人・チョーマが次第に憎悪に駆られていくという姿、インテリの無力さなどは戦時下にあるロシア社会の「今」を切り取っていると思います。混沌を極めるラスト、ロシア政府が「愛国的な勝利」として国の混乱・暴動を処理せざるを得ないシーンは、不気味なまでのリアルさですね。作中に中央アジア系の青年が登場するのも、多民族国家であるロシアならでは。


■プロはこう観る!「軍」「政府」の描かれ方が秀逸!現在の「大国・ロシア」がそこに

russia0803-4.jpg.jpg
©Art Pictures Studio

――ロシア社会のリアルはほかにも描かれていましたか?

小泉 特に驚いたのは、軍や政府機構の描かれ方です。もちろん映画的な誇張や省略はありますが、全体として非常にリアルにできています。最初に宇宙船が落下するシーンでは、「連邦軍」が迎撃にあたる一方で現地の復旧は「非常事態省」が担当し、現地の治安維持は治安部隊である「国家親衛軍」が担当するという様に、きちんと描き分けられています。軍高官が指令を出している国家国防指令センターも実際のセンター施設を使用しているようですし、装甲車が出撃していくシーンでは、同センターが置かれている国防省の第三庁舎が使われています。

 もちろん、登場する兵器も、Ka-52攻撃ヘリコプター、ティーグル装甲機動車、タイフーン装甲兵員輸送車など、ロシア軍に配備が進む最新兵器が続々登場。まさに今だからこそ描
くことができる「リアル」です。

 また、外国の助けを借りずに自力で事態を収束させようと戦う国のあり方も、大国としての復活に自信をつけた、まさに現在のロシアそのもの。軍の高官を父に持つユリアの家も映りますが、とてもいいアパートに住んでいます。これも軍の威信が回復され、軍人向け住宅がきちんと供給されるようになったからこその描写と言えます。この細やかな描き方には
脱帽です。

 なぜここまでの「本物」を揃えることができたのか……その答えは、エンドロールにあります。エンドロールの協力者リストを見ると、ショイグ国防相やソビャーニン・モスクワ市長といったまさに国家的人物の名前が連なり、公的セクターの全面協力があったことがわかります。ここからも、本作がロシアSF超大作と言われることがわかりますね。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。