>  >  > あなたの性格は「腸内細菌」で決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

「腸内細菌」が「性格」も決める! 脳内物質に影響を与えて「ネガティブな感情」にの画像1
ネガティブな性格は腸内細菌の影響か?(http://jp.depositphotos.com)

 人間の腸内には、数にして600兆~1000兆個、総重量1kg以上もの腸内細菌が生息している。腸内細菌の顔ぶれは、私たちの健康にさまざまな影響を及ぼすが、最近、おどろくべき研究結果が報告された。

 腸内細菌が、私たち人間の「思考や行動の傾向」、つまり「性格」にまで影響を及ぼしているというのだ。

特定の菌がいるとネガティブな感情になりやすい!

 米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが、興味深い研究成果を報告した(『Psychosomatic Medicine』2017年6月28日掲載)。

 女性40名の排泄物から腸内細菌を採取し、それぞれの構成を調査。それと同時に、被験者にさまざまな人物や状況などの画像を見せながら、MRIで脳内をスキャンし、そのときの感情的反応を確認した。

 その結果、特定の細菌グループが「感情の反応」に影響を及ぼしているらしいことが判明したのだ。

 まず「プレボテラ属」の細菌が多く分布していた被験者7名は、ネガティブな画像を見せられたとき、「不安」や「苦悩」などのネガティブ感情を強く感じたという。

 これらの被験者の脳は「感情」「注意」「感覚」に関係する脳領域のつながりが強く、反対に「感情の制御」や「短期記憶の長期記憶への定着」に関連する海馬が小さく、その活動も少ない傾向にあった。

 一方、「バクテロイデス属」の細菌が多く分布していたグループの被験者33名は、そうした画像を見せられても、ネガティブ感情を味わうことが少なかった。そして、小脳、前頭葉、および海馬の灰白質(神経細胞の細胞体が存在している部位)が、先のグループより大きく、活動も活発だったという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。