>  >  > 思春期を迎えた少年少女が欲望のままに交わる性宴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
puberty.jpg

【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

 思春期となり、性に対する関心が高まってくると、その衝動から、おかしな行動をとってしまう少年少女も少なからず存在している。しかし、そうした“おかしな行動”が“儀式”として公然と行われてしまうケースも、この広い世の中にはあるようだ。


「そう、言ってしまえば、“成人の通過儀礼”みたいなものなのかな。それともただの欲求の発散だったのか、今にして思うと正直よくわからんよね」


 自身が生まれ育ち、集団就職によって上京するまで暮らしていた東北地方のとある山間の地域で行われていたという、少年少女たちによる奇妙な“性の儀式”についてそう語りはじめたのは、現在、都内某所で暮らす元印刷業・横山和夫さん(仮名・74)。横山さんの話によると、当地で生まれ育った少年少女たちは、性に目覚める年頃となると、年上の子どもたちに混ざる形で、その儀式に参加するようになっていたという。


「簡単に言えば、年頃の子たちがみんなで集まって“交わる”という儀式だね。上は15、6歳くらいまでなんだけども、だいたい小学校を卒業する頃になると、隣近所にいる先輩から声をかけられて参加するっていう。うん、男も女も。よっぽど仲間はずれにでもなっていない限り、みんな参加するんだよ」


 そう、少年少女たちによる“乱交パーティ”とも言えるこの儀式、常識的に考えれば想像もつかない話だ。しかしその実、こうした奇妙な“性の儀式”については、ある民俗研究家によると、全国各地で散見されているのが実情であるとのことで、その多くは、第二次性徴を迎える年頃の少年少女たちの間で秘密裏に行われていたのものなのだという。しかし、所詮は思春期の子どもによる行為。“加減”ができずに、思わぬ事態を引き起こしてしまうこともしばしばだったという。

コメント

1:匿名2017年8月18日 19:04 | 返信

記事には東北地方のとある山間の地域とあります。私は宮城県在住ですがそんな風習はありませんよ。他の県での出来事と仰るのでしょうが、そのような風習があればSNS含むネットで噂が広まりますね。東北は閉鎖的で陰湿で非文明的な、義務教育すら受けていない猿以下の人間ばかりが住む地域だと思っていらっしゃるからこのような記事が書けるのでしょうか?
素敵で洗練された、とても都会的なジョーク記事をありがとうございます。このインタビューをもとに実在する地名を出したポルノ小説でも発売したらいかがでしょう?ベストセラー間違いなしですよ!

※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。
とありますが、これは誹謗中傷ではなくあくまで個人の感想ですから。プライバシー侵害もしていませんね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。