>  >  > 自分を犯した男を婿にする「略奪婚」の伝統=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】西日本

kishu0810_01.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 世界各国、その地域・文化ごとに、実にさまざまな形での婚礼の儀が存在しているが、その多くは、新郎新婦同士ないし、その親や親族などの合意の上で成り立つものであり、どちらか一方の思惑だけで、それが成立する婚姻というのは、古い時代は別とすると、現代社会においてはそう多くあるものではない。しかし、かつてこの国の一部の地域では、男性側による女性の“略取”という形でのみ、婚姻が成立するという、なんとも奇怪な風習が存在していたという。


「……ええ、もちろん自由な色恋なんてものはありゃしません。横恋慕だろうと、偏執的な想いだろうと、戦いに勝てば好きな女が手に入る。そういう習慣なんだそうです」


 その幼き日に祖父母から聞いたという“かつての婚姻”についてそう語りはじめたのは、現在、郷里を遠く離れた都内の特別養護老人ホームで、一人、その余生を過ごしている田中道男さん(仮名・87)。田中さんの話によると、彼が生まれ育った西日本のとある地域においては、男性が意中の女性を強引にさらって犯し、一方的に婚姻関係を成立させるという、にわかに信じ難い奇習が平然と行われていたのだという。


「なにせ古い話なんで、私もね、そう詳しくはわかりませんけどもね、(祖父母から)聞いた話では、村の娘たちがね、18歳になる日の晩、村はずれの辻のところへと置き去りにされるそうなんです。それで、日付が変わる時刻になりますとね、その娘に恋心を抱いた男たちがね、一斉にその娘を奪い合うっていう。それで奪い取った男が、その場でその娘を犯すんだそうです。ええ、モノにできなかった男たちの前でね。そこまでいったら、夫婦になるんだとか」


 田中さん自身がそう語るように、古い話であるがゆえに、厳密に言うと、実際の習慣とは多少異なる部分もあるかもしれないが、基本的には、村の少女たちは18歳になると、男たちによって深夜の争奪戦が行われ、あろうことか、その戦いを制した男によって、その場でレイプされるのだという。言い方は変かもしれないが、どうやら少女のレイプに成功した男が、その夫になれるという、なんとも奇妙な話であるようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。