>  >  > 須藤凛々花のドイツ留学は真っ赤なウソか? タレント業へ転換も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
sdrrk_1.jpg
画像は「須藤凛々花 - Twitter」より引用

 アイドルが前代未聞の「結婚発表」をしたことで話題を集めているのが、NMB48の須藤凜々花だ。この須藤、現在は何をしているのかといえば、卒業発表をしたものの相変わらず何事もなかったかのようにアイドル活動を続けているという。

「元々が奇天烈な行動や発言をしていたので、メンバーは比較的彼女の結婚や卒業をなんとも思っていない様子です。ただ、事務所から須藤の話は積極的にしないようにとお達しが出ているので、知らんぷりをしている状況。楽屋などでも、メンバーは普通に須藤に接しているようです」(アイドル雑誌編集談)

 本来ならば、AKB48グループの根幹を揺るがすような大騒動。過去にも恋愛騒動でクビになったメンバーもいるだけに、すぐにでも解雇になり得た案件。しかし、この須藤の結婚騒動には裏があるという。

「母が子宮頸がんを患ったことを昨年度の総選挙で告白し、こちらも話題となった。その際に、母親の看病のためにNMB48を卒業して、東京へ帰ることを考えていたと明かしたんです。

 しかし母親から卒業を反対され、NMB48を続けることを決意したのですが、その母親に関係する医療関係者が今回の“結婚相手”なのです。母親が入院する病院の関係者で、大阪から度々上京して看病を続けていた須藤をサポートしていた。そこから恋愛感情が生まれ、交際することになった。

 この事情を知っているメンバーやスタッフは、苦労しながら昨年の総選挙から活動を続けていた須藤を見ているので、強くは責められなかったようですね」(週刊誌記者談)

 しかし、結果として週刊文春の餌食となり卒業するわけだが、今後の須藤はどう生活をしていくのか? 8月4日、「私はドイツで博士号を取ってきます」とドイツ留学を構想していることも報じられたが、実際は違うという。それは、須藤を取り巻く大人たちがバックアップを約束しているからだ。

コメント

3:匿名2017年8月 6日 10:58 | 返信

ネツゾーでおなじみのサイゾーw

「きっかけはAKBと言われています。雑誌の発行部数が落ちて経営的に苦しくなったサイゾーは、いち早くニュースのネット配信に目をつけ
ました。最初はアクセス数も伸びませんでしたが、当時人気がうなぎのぼりのAKBに対して嫉妬したハロプロファンの記者が腹いせにAKBを
罵倒する記事を書いた所アクセス数が急上昇。それ以来、わざわざ取材なんかするより今のスタイルが効率的と判断したようです。
でも最近は同じようなゴシップニュースサイトが乱立して、アクセス数も右肩下がりのようです。」
(同)

確かにサイゾーのAKB叩きは業界でも有名だ。AKBのCD販売枚数や出演したテレビの視聴率が少しでも下がれば『オワコン』と罵り、
数字が良くても先行き不安と煽る。

しかし「取材」という記者の命とも言うべき本来の姿を忘れたサイゾーの方が、AKBより先に『オワコン』になりそうだ。

2:匿名2017年8月 6日 00:19 | 返信

須藤は運営のゴリ押しも合って人気をつかみ始めていたけどあの一件で人気急落
もしどこかの事務所でやっていくとしても難しいと思うよ
引退しか道はないだろう

1:匿名2017年8月 5日 09:47 | 返信

すべて妄想

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。