>  > 【悲劇】ジンバブエで精液狩り“逆レイプ”事件が発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 逆レイプという言葉を聞けば、それこそAVのタイトルにこそ見られるが、なかなか現実には起きないように思える事件である。


■アフリカ・ジンバブエで起こった逆レイプ事件

ThinkstockPhotos-dv1436014.jpg
画像は、Thinkstockより

 実際、日本の法律では今年の7月の法改正まで男性はレイプの被害者になったとしても強姦罪ではなく法定刑が低い強制わいせつ罪が適用されていたことを考えれば、そうそう女性が男性をレイプするなどという事件は考えにくい。

 実際7月の法改正でも、男性のレイプ被害者の想定は同性間レイプを想定しているものという話も聞こえる。しかし、このなんでもありの広い世の中では、逆レイプも実際に起こっており、そのレイプの理由が男の精液の収集だったという不思議な事件もある。アフリカのジンバブエで起った逆レイプ事件をイギリスの「Daily Mail」紙がレポートしている。

 それはジンバブエのチトゥンウィザ市にあるマコニで起こった。39歳になる教師がバス停でバスを待っていると、男が運転する南アフリカナンバーのBMWが停まり、「乗って行かないか?」と声をかけられた。車にはドライバーの他に女性が3人乗っていたとのことである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。