>  > リアルにお金を稼いでいる芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
0804okumanchouja01.jpg

 2005年までは高額納税者が政府によって発表され、そこから各報道機関が職業別に順位をつけていたが芸能人だけをピックアップした高額納税ランキングは特に高い注目度を誇っていた。しかし、犯罪につながる可能性もあることなどから高額納税者の発表自体が取りやめとなっている。

 その後はどの芸能人がどの程度稼いでいるのかは不透明になっている。そこで今回は、業界関係者からそれぞれの芸能人の年収額を聞き取り、現在の芸能人の長者番付ランキングを独自に作成してみた。その結果を10位から発表していこう。

 まずは、第10位からだ。

【10位】小倉智昭 約2億5000万円

 まずは朝の顔がランクインした。

「小倉さんは、帯番組を担当されている情報番組司会者の中ではギャラ相場も高く、年収額も余裕で億単位です」(テレビ局関係者)

 1番組のみのレギュラーでこの年収とは、さすがだ。
 
【8位】所ジョージ・タモリ 3億円

 同率で8位となったのは、いずれも大物司会者だった。

「所ジョージさんは1本あたりの単価はそこまで高くはありませんが、お茶の間の好感度も高いので重宝される存在です。さらにCM収入などもあり、年収額も3億オーバーといわれています」(プロダクション関係者)

「タモリさんは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の終了前であれば、この倍近い年収があったと思いますが、今はこのぐらいでしょう」(テレビ局関係者)

【6位】明石家さんま・内村光良 4億円

 さらに、6位にも大物の名前がランクインした。

「さんまさんはギャラ単価が20年近く変わっていないといわれていますし、ビック3の一角なので4億以上ですね。また、内村さんは最近、高視聴率番組を連発しており、ギャラ単価がうなぎのぼり。なので、この位置のランクインは当然といえます」(テレビ番組関係者)

 たしかに内村の貢献度を考えればこのような金額になるのだろう。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年8月14日 06:56 | 返信

とんねるずはもう入らないのか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。