>  >  > 東海大「深海魚出現は地震発生と無関係」は重大ミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
DeepSeaFish_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 7月13日、「深海魚の捕獲や漂着は大地震の前兆ではない」という研究結果が、東海大学などのチームによってまとめられた。それによると、過去20年における深海魚の目撃と地震発生の関連性を調べたところ、場所が一致する例はほとんどなかったという。東海大の織原義明特任准教授(固体地球物理学)は「深海魚の目撃は、地震の前触れ情報として防災や減災に役立つ手段にはならない」(2017年7月13日、日本経済新聞)と断言する。しかし筆者は、この結果に疑問が残るところがあり、自ら収集した深海魚出現のデータを見直してみた。すると、やはり「一致した例はほとんどない」どころか、無視できない数の実例が見られるのだ。今回は、それら深海魚出現の直後に大きな地震が起きたケースを紹介することにしたい。


■研究チームが見逃していた重要なポイント

DeepSeaFish_1.jpg
画像は「日本経済新聞」より引用

 さて、研究チームは、1992年1月1日~2011年3月11日にリュウグウノツカイやサケガシラといった深海魚の目撃例101件を収集し、調査したという。そして、この期間に発生した震源の深さが100kmより浅いM6以上の地震161件との関連性を検討したところ、深海魚の目撃から30日以内に同地域で地震が発生した例は8%にすぎなかった。対象地域の範囲をさらに絞ると、もちろん一致例はより下がる。結果、深海魚の出現と地震の発生には関係がないと判断したようだ。

 実は、同研究で分析の対象とされた深海魚の目撃例は、日本海側が9割近くを占めている。約50年にわたり超常現象を研究してきた筆者のこれまでの経験からすると、特に冬場の日本海に深海魚が出現した場合、その後で大きな地震は起きないケースが多い。恐らく目撃された深海魚の多くは、冬に海水温が低下したなどの理由で深海から浮上してきたのではないかと推測する。そのため冬季、とりわけ日本海側で深海魚が出現しても地震と結びつかない可能性が高く、筆者は慎重に扱うことにしているのだ。

コメント

3:匿名嶋田正廣2017年9月23日 02:39 | 返信

数多くのデータを収集掲載されて敬服致します、私見として深海魚は海底の低周波振動に恐怖を感じて浮上すると考えます、2014年九州北部と山口県で数多くの深海魚が浮上している時期に、阿蘇山の噴火と熊本地震が起きる事を時期は特定できませんが予測していました。急激な地下の熱移動が起きると海底で低周波振動の音響効果で低周波振動音が発生し、深海魚が死の恐怖で浮上します音源から逃げる為に浮上します、地震と火山噴火が原因に成ります、計測機器で計測できる時代が来ると証明されます、距離はあまり関係ありません熱移動のライン上で起きます、根拠は地球上に瀬戸内海と阿蘇カルデラ・姶良カルデラ・鬼界カルデラが存在する事実です。海側プレートが沈み込む他の地域では全て3000メーター以上の山脈に成っています。現在地震予知は計測機器の低周波振動音の増減で実現できます、フェイスブックの嶋田正廣のタイムラインをご覧ください。

2:匿名2017年8月11日 00:28 | 返信

コジツケのアホ。
あのな、ハッキリ言うぞ。
俺はオカルトとか大好きだからな。
それでもコジツケとオカルトはハッキリ分けられる。
そういうところわからないんだろうなあ・・・・・・・・

1:匿名2017年8月10日 19:48 | 返信

やめとけって言ってやってるのに、前回に引き続きおじさん向け有名週刊誌の対抗記事かよ。
記事の中にも矛盾点があるぞ。
訂正しておきなさい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。