>  >  > 南極に巨大ピラミッドを発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 オルタナティブ・ニュースサイト「EWAO」によれば、グーグルアースで南極大陸を探索すると、広大な雪原の中に奇妙な形状を発見することができるという。この画像を初めて目にした人は、「え?」と驚くに違いない。その切り立ったフォルムはどう見ても人工物、ピラミッドにしか見えないからだ。


■南極大陸に謎のピラミッド群

 肉眼で確認する限り、南極大陸のピラミッドは3つある。そのうち2つは内陸に10キロほど入ったところにあり、残りの1つは沿岸部に近いところにそそり立っている。かなりの大きさだ。だが、一体なぜ、こんなところにピラミッドが?

antarcticpyramids1.JPG
 「EWAO」の記事より

 これまで南極に文明があったことを示す歴史書はない。人類が初めて南極点に到達したのは、わずか100年前の1911年だ。今でいう“車輪”が発明されたのは6,000年前で、初期のヒト属が日常的に火を使うようになったのは12万5000年前からと言われている。つまり、ロジスティクスや人的資源に鑑みて、現存する人類史に当てはめれば、極寒の南極大陸で巨大ピラミッド建立など考えられないのだ。

antarcticpyramids2.JPG
 画像は「YouTube」より

 だが、南極はかつて南国だったことをご存じだろうか? 何百万年も前、南極大陸は赤道に近い位置から現在のポジションへと移動していったことが明らかになっている。

「1億年前にさかのぼって想像してください。南極には熱帯雨林が生い茂っていたことでしょう。ちょうど現代のニュージーランドのように」(英国南極研究所のヴァネッサ・バウマン博士)

 NASAもバウマン博士の見解に賛同している。NASAは以前、南極の氷の下約20mにある「ヴィーダ湖」を探査した際、多様な細菌の生態系を確認した。これら生命体は南極よりずっと暖かな気候に生息する微生物の種に非常に似通っており、かつて南極は赤道近くにあり気候に恵まれ、人類が住むのに適した環境だったことの科学的裏付けになったという。

コメント

1:匿名2017年9月 2日 20:08 | 返信

(´Д`;) ぇー? 
さすがに安直すぎない?
なんですぐに、地底や宇宙生命体の建造物になっちゃうのよw

今の人類が地球史上、何ターン目の文明を持つ存在かわからないのに。
今は存在しない生命体でも、
大昔の地球上で最も繁栄していた陸上生物(文明を持つ陸上生物)が作った可能性の方が高いんじゃないかなぁ。

いきなり地底だの宇宙だの、さすがに安直すぎるょ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。