• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

MDZhB

,

ザ・ブザー

,

ラジオ

,

佐藤Kay

,

放送

,

短波

 英紙「Express」(8月3日付)によると、ロシアからは毎日、謎のラジオ放送が全世界に向け流され続けているという、1970年代からずっと――。


■謎の短波放送“ザ・ブザー”

thebuzzer1.JPG
 「Express」の記事より

 70年代といえば、当時ロシアはソビエト連邦を名乗っていて、ブレジネフ書記長が最高指導者だった頃だ。そんな昔から、いったい誰が、なんの目的で電波を発信しているのだろうか。実は、今もって解明されていない。

 この短波放送は「ザ・ブザー」または「MDZhB」と呼ばれており、わかっているのは周波数4625kHzで、発信地はロシア・サンクトペテルブルグ近郊の人里離れた沼沢地ということくらい。ブー、ブーという耳障りなブザー音にまじって、時折、ロシアなまりの男の声で暗号めいた語句や数字が、かすかに聞こえてくるだけなのだ。

 ザ・ブザーについては諸説紛紛としている。ロシア軍によるエイリアンの調査や国家極秘プロジェクト、また、ロシアが壊滅的ダメージを受けた場合、核ミサイルを発射して某国を終焉させる自動核報復システム「死者の手」との関連性も噂されている。

 しかし、英・シティ大学ロンドンで無線諜報が専門のデビッド・スタップルズ教授は、これらトップシークレット説に懐疑的だ。

「電波は年を追うごとに変化していますが、常に同一のブザー音を維持しています。まれに『声』がメッセージを読むことはありますが、電波自体に情報は含まれていないようです」(デビッド・スタップルズ教授)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年4月 9日 00:53 | 返信

常に音が鳴っていることが重要で、それが止まった時に何かが起きるのだろう。あるいは何かが起きた時に音が止まるのか?
例えば、チェルノブイリ事故の時、事態収拾工事の現場に設置された放射線カウンターは、常にブザー音を発していて、放射線強度が致死的に上昇したときに音が止まる設計と聞いたことがある。つまり、音が止まったら危険だから逃げろということだ。
これは、機械の故障や停電で測定器が機能しなくなった時も音が止まるので、安全ということだった。
つまり、音が止まった時に行動すべき指示・命令があらかじめ決められており、その状況が発生したかどうかを確認するためのブザー音だと思う。とにかく音が止まったら…逃げろ…かな?


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。