>  >  > 燃えながら落下するUFOが「脱出ポッド」を発射!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 飛行機雲なのか、それともUFOなのか? 夕陽が輝くニュージーランドの空で、不可解すぎる“空中ショー”が繰り広げられた――。


■真っ赤に燃え盛る浮遊物体から“脱出ポッド”が分離

 7月31日午後5時38分、ニュージーランド・マヌレワ某所の空で奇妙な光景が繰り広げられていた。その模様を捉えた動画が、YouTubeチャンネル「UFO-fan」で公開され、大いに話題となっている。

 2筋の飛行機雲が途中で合体したもののようにも見え、まばゆいオレンジ色の夕陽に照らされて真っ赤に染まっているようでもあり、加えてその不気味にのた打ち回るような動きを生で目撃したならば、きっと背筋がゾッと凍りつくような感触に襲われるのではないだろうか。

Latest! Latest! Latest! UFO SIGHTINGS!! UFO New Zealand, Manurewa, 31st July 2017 動画は「UFO-fan」より

 この動画の撮影者である「UFO-fan」の運営者によれば、近くにあるオークランド国際空港からエミレーツ航空435便が5時22分に離陸したという。飛行機雲だとすれば、この旅客機が残していったものである可能性が高いことになるが、しかし動画が撮影されたのはその16分も後であり、しかもこの2本の長い尾を伸ばした浮遊物体は明らかに独自性のある動きを見せている。

 動画の前半では、このUFOが高い高度から急降下しているが、中盤からは徐々に水平飛行へとその動きをシフトしている。

 そして、浮遊物体の先端部分がにわかに上昇しようという動きを見せ始めたところで先端部が大きく膨れ上がったかと思えば、すぐさま分離して円盤状の姿を形作り“本体”から離れていくのだ。まるで宇宙船の“脱出ポッド”のようでもある。

burningobject1.JPG
 画像は「UFO-fan」より

 つかの間繰り広げられた不可解かつ驚異的な現象であったが、その後“本体”は“脱出ポッド”共々大きな雲に吸い込まれて見えなくなってしまう。いったいこの浮遊物体の正体は……。

コメント

3:匿名2017年8月22日 12:53 | 返信

ひさびさに訪れたけど、ぜんぜん代わり映えしないねw
コピーが稚拙というか、この程度の短文にもかかわらず、
なにかを読ませて金を得るプロのものとは、到底思えないレベル。
やらせ、フェイクとわかっていても、読ませる文になっていたら、
読み手もそれなりに納得するのだが・・・

2:匿名2017年8月20日 18:59 | 返信

脱出ポットで逃げた宇宙人はどこいった?
海水に浸かって溶けた?それともサメに食われた?

1:匿名2017年8月20日 18:34 | 返信

しんじ、お前もこれは雲だって分かって書いてるだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。