• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

セシルのもくろみ

,

真木よう子

cesilnomokuromi.jpg
セシルのもくろみ

 真木よう子が主演する、フジテレビ系連続ドラマ『セシルのもくろみ』(木曜午後10時~)第5話が11日に放送され、視聴率はついに3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで落ちてしまった。

 初回は5.1%だったが、第2話は4.5%で、打ち切り圏内といわれる5%割れを早くも記録。その後、4.8%→4.4%と苦戦が続き、第5話にして3%台まで落ち込んだ。民放プライム帯の連ドラで3%台は、昨年7月期『神の舌を持つ男』(向井理主演/TBS系)第6話の3.8%以来、1年ぶりで、極めて稀有なケース。

 第5話までの平均視聴率は4.6%で、この調子でいくと、フジにとって悪夢といえた“伝説”の低視聴率ドラマ『HEAT』(2015年7月期/EXILE・AKIRA主演)の平均4.1%をも下回りかねない情勢となってきた。

 『セシルのもくろみ』は、ひょんなことから、ファッション雑誌の読者モデルにスカウトされた普通の主婦・宮地奈央(真木)が、戸惑いを感じながら、「負けたくない」との一心で、一流のモデルを目指し奮闘していく姿を描いた作品だが、主人公の元ヤンもどきの“体育会系”キャラの設定が、まるで視聴者に支持されていないようだ。

「読モの話ということで、その時点で男性視聴者はターゲットから除外されてしまいます。それでも真木のファンは見ていたでしょうが、ガサツで女っ気のない“三枚目”的なキャラであるため、そのクールなイメージは崩壊。真木のファンですら、脱落しかねない脚本、演出になってしまっています。出演者は熟女とオジサンばかりで、視聴者を引きつけるような若手のイケメン俳優、美人女優がいないのは致命的です。視聴率が向上するような要素が現状ではまったくありませんし、これでは打ち切りも覚悟しなければならないでしょう」(テレビ誌関係者)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。