>  >  > 【元公安が暴露】「田布施システム」と共産党と朝日新聞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

共産党の真実――日本共産党が内に隠しているその姿とは? 長年「共産党」を追い続けた元公安警察が裏事情を暴露する。

前編:「共産党はいまだ暴力革命を画策している」

2、安倍内閣は誰と戦っているのか

 前編では、現在の日本共産党はその暴力性を隠してクリーンなイメージで政党として存在しているが、実はいまだ流血をともなう暴力革命を起こそうとしていることを伝えた。また、彼らの存在によって日本の精神性が壊されていく危険性を記した。しかし、共産主義の問題に悩まされているのは日本だけではない。西洋文明の象徴である米国こそ、“共産主義=一神教”の権化である。日本共産党の志位和夫が米国独立記念日のレセプションに顔を出す理由もここにある。

 肩をもつわけではないが、そうした全体像が見えてくると、安倍首相の動きにも整合性が出てくる。つまり、安倍は一体誰と戦っているのかということである。恐らくそれは、岸元首相も同じであったろう。なぜならあまり知られていないが、「岸家こそ、多神教を主軸として日本と満州、朝鮮半島を一気通貫でつなぐ本命の一族」だからである。


■田布施システム

tabuse.jpg
画像は、田布施町役場公式HPより引用

 岸信介や佐藤栄作……岸一族の出身は、歴代首相を生み出す地として有名な山口県の田布施町である。陰謀論的には「田布施システム」とも言われるが、そこに根拠がないわけではない。

 岸一族は後醍醐天皇第十子の家系であり、国を代表する遺伝子は確かに田布施にあった。しかし、明治時代この既成の権力構造に共産勢力が紛れ込む。その張本人が、後に虎ノ門事件で摂政宮を暗殺しようとした極左テロリストの難波八助で、彼によって田布施に第二の権力系統が作られた。

 一言で田布施といっても、岸一族と難波の二つの流れがあることを知らないと、共産党の真の姿は見えてこないのだ。

 同じく田布施出身の共産党幹部・宮本顕治はスパイ査問事件で人を殺しているが、この人物も難波の系統である。そこに同じく山口県出身のソビエト連邦時代のスパイである野坂参三が合流してきたのだ。

160px-Daisuke_Namba.jpg
画像は、難波大助(Wikipedia)より

 彼らのやり方は決まって言葉のすり替えと、本性を隠すことである。「前編」で記したように、日本共産党では1951年に武装闘争路線が採用された。しかし1955年には自己批判により、その路線をひっくり返す。「権力が暴力で革命運動を抑圧しない限り、革命運動も暴力を行使しない」というわけである。その分派が中核や革マルとなった。ヘーゲルの弁証法よろしく彼らは必ず「二正面作戦」を用いるのだ。

 ある意味、この共産主義者の二枚舌に、最悪の政治力があるといってもいい。実は日本でテロが起きない理由もそこにある。共産党の暴力的体質があらわになることを避けているのだ。

 では現在彼らが何を考えているか? それは、暴力を出さないことで世間を「無神論」という名の一神教に持っていくことである。「科学」を前面に出すのも無神論へと向かうためだ。(詳しくは前編より

 哲学者のバートランド・ラッセルが指摘した通り、科学的にするということは、無神論国家にするということである。共産主義の下地づくりの肝はそこにあるのだ。

コメント

4:匿名2017年11月 1日 20:56 | 返信

共産党ならありえるなぁ

3:匿名2017年10月30日 14:28 | 返信

元公安、あんたのほうこそ長年の共産党憎しの思想を叩き込まれて洗脳されちまってるんじゃないのかい。

2:匿名2017年8月18日 22:45 | 返信

狂人のたわ言だ

1:閣下様2017年8月18日 21:39 | 返信


トカナだから なんでもありだけど、、、

 結局そこかい?

 尾崎がゾルゲに渡した情報なんて 当時のブン屋なら

 誰でも取れる一般情報だぜ。 チャーラン。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。