>  > 子どもたちが相次いで消える謎の森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 世の中には不可思議な「場所」が存在する。人が立て続けに失踪したり、飛行機が何回も墜落したりする土地だ――。


■消失事件その1

 そのような不可思議な場所の1つに「アンジェルス国有林(Angeles National Forest)」がある。アンジェルス国有林はカリフォルニア州ロサンゼルス近郊のサンガブリエル山脈とシエラペロナ山脈の中にある広大な荒野である。

angelesnationalforest1.JPG
「アンジェルス国有林(Angeles National Forest)」 画像は「Wikipedia」より

 大都会ロサンゼルスからそう遠くないにもかかわらず、荒野と険しい山々が広がり、ダイナミックな大自然が楽しめる人気の場所だ。しかしアンジェルス国有林は、この自然の素晴らしさの裏に隠れ、本国では一連の不吉な消失事件でも良く知られているのである。

 1956年8月、11歳のブレンダ・ハウエルはノースカロライナ州から姉に会うためにこの地を訪れていた。そしてブレンダは近所の男の子ドナルド・リー・ベイカー(13歳)と友だちになり、8月6日の朝に2人はサン・ガブリエル・キャニオン付近を探索に自転車で出かけた。そして彼らは2度と戻ってこなかったのである。

 2人が帰ってこなかった時、警察と海軍合同チーム、そして何百人ものボランティアが手がかりを求め、大規模な捜索が荒野で行われた。しかし数日後に発見されたのは、ブレンダの自転車とドナルドの上着のみで、それらは彼らが最後に目撃された場所から約400メートル離れたモリスダムの近くで見つかった。

 2カ月後、ドナルドの自転車はグレンドラ小学校で発見された。ある児童がその自転車を2人が消滅した森で見つけたと言ったという。それ以上の証拠は何も見つからず、彼らはまるで空気の中に消えてしまったかのようだった。


■消失事件その2

angelesnationalforest2.JPG
トミー・ボウマン 「Mysterious Universe」の記事より

 翌年1957年春、この地にまた別の消失事件が起こった。

 1957年3月23日、エルドン・ボーマンとゴードン・ウィックスはカリフォルニア州アルタデナの地で、8歳のトミー・ボウマンをはじめ小さな子どもたちを連れてハイキングをしていた。

 ハイキングの途中でトミーは曲がりくねった道を先に走り出し、姿が見えなくなった。曲がりくねった道が終わり、また道がまっすぐになった時、トミーはどこにもいなかった。そしてそれ以来、彼は影も形もなく消失してしまった。

 家族は警察に連絡をし、捜索隊がその地域に集まった。彼らはトミーがそれほど遠くに行けるはずはなく、容易に発見できると考えていた。しかし地上捜索隊、航空機、探索犬によって1週間以上にわたる捜索が行われたが、手がかりは全く見つからなかった。彼はまるで地球から消え去ったかのようにその後も見つかっていない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。