>  >  > 自然療法でがんを完治したヒーラーの秘密(後)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
healer_10.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 現在、日本人の死亡原因トップは男女とも「がん」である。6月22日には、乳がんを患っていたフリーアナウンサーの小林麻央さんも34歳の若さで亡くなった。がんは、もはや老若男女を問わず日本人にとって“最大の脅威”といえるだろう。


■がんの治療、答えはどこにあるのか?

healer_2.jpg
小林美貴子さん

 ところで、小林麻央さんの一件でも大きな話題になったが、いざ私たちががんに侵された際、激烈な副作用を伴う抗がん剤治療に専念することは正しいのか、あるいは代替療法や自然療法にも試してみる価値はあるのだろうか? 選択肢が多くあれば、それだけ私たちの悩みも深くなるものだ。いったい真の答えはどこに――そんなことを考えていた折、筆者はある女性と知り合った。動物愛護活動家、そしてレムリアン・ヒーラー(古代レムリア時代の愛のヒーリングを扱う人)として活躍する小林美貴子氏だ。

 かつて膀胱がんを患っていた小林氏は、手術によって一度はがんを切除したものの、やがて再発。しかしその後は、ホリスティック医学にもとづく自然療法で完治することに成功したという。現在では、福島の原発事故で被災したペットを救護したり、同地で生きる羊や山羊の保護・飼育活動に携わる任意団体「アニマルフォレスト」のメンバーとしても精力的に活動している。そんな小林氏が、がんの完治に至った経緯を詳しく話してくれた。

※前編はコチラ!!


■がんが完治した自然療法、その具体的方法

――そこで話の本題です。小林さんが行った自然療法とは、いったいどんなものだったのですか?

小林  私の自然療法は、もう40年前に父が末期がんで余命3カ月と宣告された時、母がありとあらゆる方法を調べ尽くして、結果3年間にわたる延命に成功した時に行っていた代替療法と、当時お世話になった森下敬一先生(お茶の水クリニック)と帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長)の本を参考にしました。

 それから、今考えると「がんになって当たり前」とも思える生活習慣と精神状態を根っこから改善しました。当時の私は忙しいうえにストレスだらけで、タバコも吸うし、辛いとお酒を飲んで泣き、睡眠も毎日4~5時間ほどしか取れないという酷いものでしたから。

――とても興味深いお話です。順に詳しくご説明いただけますか。まず、食事は具体的にどのように変えたのでしょう?

コメント

4:匿名2017年9月 1日 02:31 | 返信

手術と自然療法って書いてて、現代医学を否定しているようには見えないけど。本人も最初に手術してなければ自然療法だけで治ったかはわからないと言っているし。普通に日頃から生活を心がけガンになっても諦めず試してみると良いのではないかという記事に感じるけどなー

3:厚労省の平職員です2017年8月28日 00:23 | 返信

西洋医学はがんを治せない。
西洋医学はアレルギーも治せない。
西洋医学は外傷治療でしか役に立たない。
だから西洋薬のうち役に立つのは抗生物質だけ。
中国人は嫌いだけど、医食同源という言葉を作ったという点だけは評価する。
細菌感染症以外については、西洋医学よりも食事療法の方が優れている。

2:匿名2017年8月27日 18:47 | 返信

私も匿名1さんの意見に同意です。一つ前の記事にもコメントしましたが、私自身も自分で気功やヒーリングをしますしそれらの代替治療の劇的な効果も理解しています。栄養士の資格も持っているので自身がガンで甲状腺を全摘出してからは積極的に食事療法も取り入れています。
その上で現代医学を否定するような発言は間違ってもしてはいけないと感じています。
もしヒーリング、食事療法やスピリチュアルなパワーでガンが治るから病院には行かなくてもいいという風に記事の内容を解釈した読者が病気になっても医者にかからず食事療法やヒーリングだけで直そうとして手遅れになって取り返しのつかない事になったらどうしますか?
現に小林麻央さんの旦那の海老蔵さんはスピリチュアルにはまっていて、真央さんが14年に最初にガンが見つかった時点ですぐに適切な治療を初めていれば完治していたものを、治療を拒み数年間放置、気功やヒーリーングに頼り、気が付いた時は手遅れでした。
あと川島なお美さんも同様ですね。やはり治療を拒み自然療法のみで直そうとされ、結果死期を早めてしまう結果となりました。才能溢れる素晴らしい女優さんでしたので、本当に残念に思いました。

確かに代替治療は上手く使えば劇的な効果があります。ですが間違った方向へ傾倒、はまってしまうととんでもない事になりますね。ですので代替治療についての記事を書く時には慎重になってほしいなと感じました。
長い文章ですみません。失礼しました。

1:匿名2017年8月27日 16:25 | 返信

薬機法68条は、1項で「何人も」虚偽又は誇大な記事を広告・記述・流布してはならないとし、2項で「医師その他の者がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事」の広告等も禁止しています。
「魔女」だから、「らしい」等でほのめかしているから等の言い訳は通用しないことは、WeLQでの事例(ここも明確な効能はほのめかし、読者に判断を任せた形)で明らかな筈ですが?
オカルトの記事なら、いかにでたらめ書こうが、妄想を暴走させようが、笑って済ませれますが、この記事は、はっきりと法律違反かつ、害悪です。
良くわからない知識に走るのも良いですが、一応記者なら常識ぐらいは抑えておいた方が良いのでは?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。