>  >  > 80年前の壁画にスマホを使う米先住民の姿!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 現在、米・マサチューセッツ州スプリングフィールドにある州政府事務所ビルに描かれた1つの壁画に、全世界のオカルト愛好家たちが驚嘆の声を上げている。というのも、1930年代に制作されたはずの壁画に、なんとスマホを使ってメールをチェックする先住民(インディアン)の姿が描かれていることが判明したというのだ。何はともあれ、まずはあなた自身の目で実物を確認してほしい。

Pynchon_1.jpg
画像は「Smithsonian National Postal Museum」より引用

 壁画中央やや右、木枠で囲ったスペース(?)にどっしりと腰を落とした浅黒い肌の男。その服装や三つ編みの黒髪などから、彼がインディアンであることは一目瞭然だ。しかし、彼の右手に注目してほしい。そこに握られているのは、1つの小さな木片――いや、何かが違う。各辺の直線的作り込みや厚み、手にすっぽりと収まるサイズ感など、あらゆる特徴が、現代人にとっての生活必需品であるスマートフォンそのものではないか! バックパネルがブラックということ以外、残念ながら機種まで特定することはできないが、インディアンの男は険しい表情でディスプレイを覗き込んでいるようだ。なにか重要なメッセージでも受信したのだろうか、もはや周囲の喧騒など気にも留めない様子で、スマホの操作に集中している。

Pynchon_2.jpg
画像は「The Sun」より引用

 壁画を描いた芸術家の名は、ウンベルト・ロマーノ。1906年にイタリア・ブラチリアーノで生まれ、9歳で米・マサチューセッツ州に移住し画家となり、後にデザイン学校の副校長を務めるほどの才覚を表した人物だ。彼が描くクラシック・モダン・スタイルの絵画は評判を呼び、かの第26代大統領フランクリン・ルーズベルトの母親までポートレートを依頼したほどだったという。

 そんな芸術家が残した数少ない壁画作品のひとつこそ、1937年に制作されたこの『Mr. Pynchon and the Settling of Springfield(ウィリアム・ピンチョンのスプリングフィールド植民)』である。英国人の開拓者で毛皮商人でもあったウィリアム・ピンチョンが、1636年にスプリングフィールドの地に初めて降り立ち、そこでインディアンたちと対面したときの光景を描いた作品だという。

コメント

8:匿名2017年10月12日 16:50 | 返信

手鏡だろ。

7:匿名2017年8月30日 07:57 | 返信

困ったもんだな、
だれがど~見ても「メモ帳持った先住民」だろっ

6:匿名2017年8月30日 02:39 | 返信

これは良いトカナ

5:匿名2017年8月29日 12:33 | 返信

重度のスマホ依存者は、こういうポーズをして四角いものを持っていれば、だれもがスマホしてるように見える。
この記事を書いた重度のスマホ依存者であるライターは、一度精神科で検査してもらうことを薦める。

4:匿名2017年8月29日 01:04 | 返信

クソ真面目に語っちゃうトカナが好きww

3:匿名2017年8月29日 00:19 | 返信

スマホっぽい絵画が今となって注目されるなんて皮肉なもんだねw

2:匿名2017年8月29日 00:07 | 返信

最後のガラケーって 確かこの前「私が作りました」って誰か白状してたよ

ギリシャのノートパソコンみたいなのは普通に本か 石版でしょ?

で このスマホってゆってるのは多分トランプか何か

1:匿名2017年8月28日 22:59 | 返信

スマホだとして
どうやってネットにつないでるの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。