>  >  > ダイアナ元妃のユダヤ人説と殺害疑惑、ノストラダムスの恐怖予言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
61wbyxjbbdL.jpg
画像は、『神々の予定表 アジェンダ』(トカナBOOKS)より

――聖書・ノストラダムス、E・ケイシー、出口王仁三朗…あらゆる究極予言から大胆なジャーナリズムで未来を読み解いたトカナBOOKS新刊書籍『神々の予定表(アジェンダ)』著者・山田高明が緊急寄稿!

RoyalFamily_1.jpg
ダイアナの死の翌日(1997年9月1日)、ケンジントン宮殿前に寄せられたダイアナ哀悼の花束。
画像は「Wikipedia」より引用

 2017年8月31日を迎え、ダイアナ妃が交通事故死してから丸20年となる。ところで、故ダイアナ妃の話題と並び、英国ロイヤルファミリー最大の話題といえば、なんと言っても「次期国王」の話である。日本の平成天皇も生前退位を希望されたが、やはり英国民にとって今気になるのは、同国史上最高齢のエリザベス女王の進退であり、また後継者が誰になるのかという点にほかならない。


■近未来の英国を予言しているノストラダムスの四行詩があった

RoyalFamily_4.jpg
ノストラダムス 画像は「Wikipedia」より引用

 実はこの件に関して、あのノストラダムスが恐ろしい予言を残していたことに私は気がついた。そして、予言を読み解いた私は、ひどく戦慄したのである。まずは問題の四行詩を紹介する。

ロンドンの指導者はアメリカの王国を通じ、
酷寒の時期にスコットランドの島を抑制するだろう。
彼らは戴くだろう、反逆する国王を。ひどい偽りの存在である反キリストは
一人残らず混乱に陥れるだろう。

(ノストラダムス「百詩篇集」第10巻66節 訳:山津寿丸)

 冒頭からひどく驚かされる。ノストラダムスがこの予言詩集を出版したのは1555年。コロンブスによる“新大陸発見”は1492年のことであり、ノストラダムスが生きた時代には、すでに「アメリカ」と呼ばれていた。しかし、1行目と2行目の言葉は、明らかに当時の時代背景にそぐわないのだ。英国の指導者がアメリカを動かしてスコットランドに圧力を加えるとしか解釈しようのない内容は、16世紀当時の国際情勢からはまったく想像できない。いや、むしろこれは「現代の状況」と想定したほうが、妙にしっくりくる話なのだ。そして3行目には、その指導者が「反逆する国王」を戴くこと、しかもその国王が「ひどい偽りの存在である反キリスト」であることなどが記されている。4行目は、新国王が国民をひどく混乱させる様子を予告している。まさかこれは、今からほんの数年以内に英国で起きるであろう出来事を予言したものではないだろうか?

神々の予定表 アジェンダ

神々の予定表 アジェンダ

戦慄の未来、その全てががここに!

コメント

2:匿名2017年9月 1日 01:30 | 返信

予言とか時代錯誤も甚だしい。
そんなの信じてるのはオカルト脳の人だけ
天災にしても人災にしても、とにかく災害が起きる前に自信を持って人々を避難させることができるのでなければ予言の意味は全く無いと思う。

1:匿名2017年8月31日 23:12 | 返信

なんで最近のトカナは今更ながらノストラダムスのネタが続くんだ?と思ったら、ステマだったわけね。
記事さえ読む気が失せた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。