>  >  > 奇習! ひとり旅の女性を拉致して輪姦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】東海地方

kishu08313_02.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 今年も多くの人々が夏のバケーションを満喫したかとは思うが、そうした際に、まったく土地勘のない場所を訪れる場合は、少々留意しておきたいことがあるようだ。

「ここいらは海があるもんだから、夏になるとよその人がかなり来るけどもね、そういう人らからすれば、信じられないことだろうね。もっとも、そんなことをやっていただなんて知られてしまったら、誰も観光になんか来やしないだろうけども」

 余所者が決して垣間見てはならぬという“村の習慣”についてそう語り始めたのは、東海地方のとある沿岸地域に住む田村吉蔵さん(仮名・73)。田村さんの話によると、彼が生まれ育ち、今なお、暮らし続けているそのひなびた漁村には、かつて、奇妙な習慣が存在していたという。

「ここいらというのは、もともと漁師町でね。今でこそそういう気配はあまりなくなってしまったけれども、昔は荒くれものが多くてね。そういう男衆っていうのは、絶えず女に飢えているものだからさ、一人旅の女なんかを見かけると、誘拐っていうわけじゃないんだろうけども、さらって犯してたっていうね。そういう場所なんだよ、ここいらは」

 女っ気の少ない土地柄なのか、彼ら海の男たちは、色町にいる“プロ”の女性だけでは飽き足らず、しばしば近隣の地域に出向いては、一人旅中の女性などを狙って誘拐。集団レイプに近い行為をたびたび引き起こしていたという。しかしこうした被害が頻発していたにもかかわらず、当地において漁業は基幹産業であったせいか、その担い手である漁師たちの機嫌を損ねることは許されず、誰しも見て見ぬフリを決め込んでいたというのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。