>  >  > 陰毛処理のトラブルとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

米、陰毛処理で4分の1以上が、切り傷、熱傷、発疹などを経験、やはり日本では<恥毛>?の画像1
陰毛処理のちがいはどこから来る?(http://jp.depositphotos.com)

 カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)准教授のBenjamin Breyer准教授らの研究グループは、陰毛の処理をする人の4分の1以上は、切り傷、熱傷、発疹などを経験していたとする研究論文を『JAMA Dermatology』8月16日オンライン版に発表した。

陰毛の処理をした経験がある男性67%、女性85%!

 発表によると、研究グループは、米国の成人男女7,570人を対象にオンライン調査を実施。その結果、男性の67%、女性の85%は陰毛の処理をした経験があると回答。経験者の26%は処理の時に負傷したことがあり、その比率は男性(24%)よりも女性(27%)が高かった。

 負傷の種類は、切り傷61%、熱傷23%、発疹12%。負傷の部位は、男性は陰嚢67%、陰茎35%、恥骨部29%が多く、女性は恥骨部51%、大腿の内側45%、腟43%、会陰部13%が多かった。

 Breyer准教授は「恥骨部は他の部位に比べれば皮膚が厚いものの、形状が複雑であるため、かみそり、はさみ、毛抜き、ワックスなどで傷つきやすい。除毛剤を使用した場合は化学熱傷が起こる可能性もあるので、負傷によって感染症や埋没毛につながるリスクもある」と指摘する。

 また、1%強(79例)の負傷は医師による治療を必要としたが、ほとんどの負傷は軽度なものだった。ただ、「開いた傷口があると性感染症のリスクが高まることは、陰毛の処理に伴う重大な危険の1つだ」とBreyer准教授は付け加える。

 また、11回以上にわたり陰毛を全て除去している男女は、年齢、処理の頻度、毛深さなどの要因を考慮しても、一部を除去している人によりも負傷するリスクが約2倍高く、繰り返し負傷するリスクも高かった。女性では、かみそりの使用に比べて、ワックスを使用すれば負傷のリスクが低くなることも分かった。

 この研究の限界として、陰毛の処理はデリケートな話題であるため、一部の回答者は調査に対して正直に回答していない可能性があると、研究グループは説明する。

 陰毛の処理をする人が増えている理由は不明だが、Breyer准教授は「ポルノグラフィでは陰毛の処理をしている人が多く登場する。人気の理由は性行為に関連しているのではないか」と推測する

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。