>  >  > 運転中の議員、マシンガン乱射で殺される決定的瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

170901_assasinateonroad_1.jpg
画像は、「Best Gore」より

 2015年にフランス・パリで発生した悲惨な同時多発テロ事件から、もうすぐ2年を迎えようとしている。世界では今も残虐なテロ行為が後を絶たず、今年8月にはスぺイン・バルセロナの大通りで過激派組織「イスラム国」(IS)に関与する男が車を暴走させ、15人を殺害する事件が発生している。

 そのバルセロナでの無差別テロ事件と時を同じくして、ロシア南部に位置するチェチェン共和国では、1人の議員が車の運転中、何者かに暗殺される事件が発生した。海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」には、事件の決定的瞬間を捉えた映像が公開されている。

 鬱蒼とした林の中に伸びる1本の車道を走る車。車内に取り付けられたカメラに、無理やり追い越しをかけてきた1台の車の姿が映った瞬間、マシンガンの発砲音が響く。フロントガラスには肉片が混じった血が飛び散り、粉々になったガラス片も散乱。運転手が射殺されると、コントロールを失った車はそのまま車道脇へと一直線に進み、「バンッ!」と強烈な衝撃音とともに標識に衝突、横転してしまった……。

 ロシア当局の発表によると、同事件で殺害されたのはチェチェン共和国のムハマド・アシャハフ議員であるという。犯人の身元はいまだ特定されておらず、同国の情報局はテロの可能性も示唆しているという。

 チェチェン共和国では、2014年10月にも首都グロズヌイのコンサートホール入口で自爆テロが発生し、5人の警察官が死亡、12人が負傷している。このテロ行為に及んだのは、同市のスタロプロムィスローフスキイ地区に暮らしていた当時19歳の青年で、彼は事件の2カ月ほど前から消息を絶っていたという。チェチェンのロシアからの独立をめぐる問題は根深く、近年はイスラム過激派などのさまざまな組織も絡み、一向に解決の糸口は見えてこない状況だ。

 走行中の車からマシンガンを使って暗殺する様は、まるでアクション映画さながらの迫力を感じさせるものだが、これは現実の出来事である。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?