>  >  > あまりにも奇妙な未知との遭遇事例9選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 一般的にエイリアンと聞くと、小柄で丸い頭と大きな目を持っているいわゆる“グレイ”タイプを思い浮かべる人が多そうだが、サイズや姿はもちろんのこと、かわいらしいものからギョッとするものまでさまざまな種類(種族)がいるという。

 偶然かそれとも必然か、世界各地で彼らに遭遇した人々が語る、度肝を抜かれたその奇妙な姿と目撃例(ハイ・ストレンジネス事例)をまとめて一挙ご紹介!


■1955年:アメリカ・ケンタッキー州

 エイリアン目撃のはしりである超有名事例――。1955年、米ケンタッキー州ホプキンスビルにある農場を訪れていたビリー・テイラーは、すっかり日が暮れた頃に水をくみに外へ出たが、その際に空から不思議な光がさしてUFOらしきものが近くの谷に降下するのを目撃した。

 家に戻ってしばらくすると外で犬が激しく吠えだしたので、家主のサットンとテイラーは不審者かと思って様子を見に行くと、家の方へ向かってくる光が見えた。近づいてきたものをよく見ると、これまで見たこともない妙な外見をした生き物であった。

 体長およそ1メートル、緑がかった皮膚はメタリックスーツのようなものに身を包まれ、目玉は出っ張り、大きなハゲ頭にはコウモリのような大きな耳が突き出ていたのだ。体は細身で腕は長く、爪のついた指も見えたという。

alienencounters1.JPG
 「Mysterious Universe」の記事より

 驚いた二人はライフルとショットガンで狙撃したが、どういうことかまるで手ごたえがない。やがて生き物は浮遊するようにいったんは消え去ったのだが、なんと10~15体もの数をそろえて再び出現したのだ。家には電話もなかったため通報もできず、弾薬が尽きるまで攻防戦を繰り広げた後、一家は逃げるように車で町の警察へ駆け込んだ。

alienencounters2.JPG
 「Mysterious Universe」の記事より

 この衝撃的な事件は翌日からラジオや新聞などメディアに大々的に取り上げられ、瞬く間に話題になった。農場にはエイリアンを一目見よう、捕まえようとするリポーターやハンターたちがひっきりなしに訪れ、参ってしまったサットン家はしまいに土地を売り払い、引っ越してしまう。

 彼らが見たものは本当にエイリアンだったのか? 目的はなんだったのか? そもそも話のどこまでが真実なのだろうか? 諸説乱入り乱れたホラー映画のような出来事は、現在まで奇怪なUFO案件のひとつとして語り継がれている。

コメント

2:匿名2017年9月 6日 10:07 | 返信

やっぱり宇宙人は地球に来ているよね。だって甲府小学生UFO事件がそれを証明しているじゃないか。大人になったYKさん達が少し前にもTVで顔晒して目撃談を語った位だからなぁ、、

きっとYKさん達が見た兎耳宇宙人もクリスタル型母船UFOの中に標本として捕らえられているんだろうなぁ。

1:匿名2017年9月 5日 21:15 | 返信

ufoや宇宙人はいるんだろうな。でも確かな証拠がないね。写真や動画はどれも胡散臭いものが多いしね。中国、ロシア、日本、アメリカには宇宙人の地下基地があるともいわれてる 
だから各国の大統領や安倍総理は宇宙人にサポートされてるんだろうな でも日本にいる宇宙人は
アメリカの宇宙人よりも力不足のようだ。 ちなみに地球再生計画は、やらないと宇宙人は決定したとか。理由は人類がいつまでたっても目覚めないし愚かだかららしいよ。眉唾物の話だったわけだな 宇宙人はもう人類を助けないらしいよ。 だから宇宙人が居てもいなくても、どうでもいいということになる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。