>  > 血がドバドバの中から凶器を発見「小岩少女殺人未遂事件」の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

小岩少女殺人未遂事件

ThinkstockPhotos-468068996.jpg
画像は、Thinkstockより

 東京都江戸川区西小岩1丁目の路上で8月30日午後1時ごろ、18歳の少女が交際中とみられる19歳の少年に左首や左腕などを刺され、重傷を負った。少年は現場から逃走し、翌31日にJR静岡駅で身柄を確保され、殺人未遂の疑いで逮捕された。警察は男女間のトラブルが原因とみて、捜査を進めている。

 実はこの事件はあまりの凄惨さに報道各社が“自主規制“した部分も多い。社会部記者の1人が明かす。

「現場はJR小岩駅北口すぐの商店街から路地に入ったあたり。『痛い、痛い!』という少女の声を聞いて近隣住民が駆けつけると、血だらけになった少女が民家の壁にもたれかかっていた」。左腕よりも、首の左の傷の方が深く「血はドバドバという感じで流れ、止まらなかった。女性の顔はみるみる青ざめていった」(近隣住民)。

 血たまりの中から犯行に使用した果物ナイフが折れた状態で見つかったというから、犯人の強い殺意がうかがえる。トラブルの原因は別れ話のもつれ。事件前、2人が商店街のパチンコ店の前で口論する姿が目撃されており、少年が「俺と別れるのかよ!」と激高し、その場から立ち去った少女を追いかけていったという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。