>  >  > 北の核実験→白頭山噴火→日本の地震&噴火連発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
Hakuto_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 9月3日12時31分頃、北朝鮮北部でM6.3の地震が発生した。その震源は核実験場がある北東部の豊渓里で、後に北朝鮮政府は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験が完全に成功したと発表した。この核実験場は活火山である白頭山から約110kmしか離れていないため、かねてより科学者たちは大規模な火山噴火を誘発する懸念を表明してきた。そこで今回は、1000年前に世界最大級の噴火を起こした白頭山がもしも核実験の影響で大規模噴火を起こしたら何が起きるのか、じっくり考察してみたい。


■白頭山の超巨大噴火、なぜ知られていない!?

Hakuto_2.jpg
白頭山の位置 画像は「Wikipedia」より引用

 白頭山(朝鮮語:ペクトゥサン、標高約2744m)は、中国と北朝鮮の国境に位置する巨大火山である。過去には1597年、1688年、1702年、1903年と噴火を繰り返してきたが、さらに遡ると、10世紀前半(946年頃)に約1万年の眠りから覚め、過去2000年間で世界最大級ともいわれる巨大噴火を起こした。この時、火山灰は偏西風に乗って日本の東北地方にも降り注いだという。最新の研究によれば、火山灰は遠く北極圏のグリーンランドにまで到達していたことがわかっている。

 しかし、なぜこのような大災害が世界であまり知られていないのだろうか。それは、当時の朝鮮半島が戦乱の時代であり、混乱のなかで詳細が記録されていなかったことに起因する。また、当時の日本は平安時代中期だったが、火山灰が降ってきても、それが一体どこから降ってくるのか皆目わからなかったというのが実態のようだ。


■世界中の学者が懸念を表明する白頭山大噴火

 そもそも、各国の科学者たちは昨今、白頭山が近い将来噴火する可能性があると警告してきた。21世紀に入ってから活発な火山活動が見られ、群発地震や山頂の隆起も相次いで確認されているのだ。そのような状況下、2006年から北朝鮮が始めた核実験が白頭山の火山活動に影響を与える危険性について、米中韓の専門家たちが次々と指摘するようになった。ロシア非常事態省は、すでに第1回目の核実験直後から、白頭山に噴火の兆候が見られると発表している。そして2016年2月には、韓国の研究チームが同様の発表を行っているが、核実験場から白頭山まで約110kmという距離では、「中規模以上の地震で十分に影響を及ぼし得る」とした。

Hakuto_3.jpg
白頭山頂上 画像は「Wikipedia」より引用

 また、ロシアの地震学者アレクセイ・リュブシン氏は、地下の核爆発によって生じる波動がマグマに影響を及ぼし、噴火を誘発する可能性を指摘している。さらに昨年5月、米国のシンクタンク「ランド研究所」の上級アナリストであるブルース・ベネット氏が、「核実験の規模によっては白頭山が噴火する恐れがある」と警告した。ベネット氏は、実際に起これば「間違いなく大噴火になるだろう。中国と北朝鮮の両国で、数万人とは言わないまでも数千人の死者が出る恐れがある」(CNN、2017年5月2日)と語る。しかし、北朝鮮が国際社会で孤立しているため、火山の状態に関する科学的な知見が十分に得られず、噴火した際の被害想定も未知数となっているようだ。

コメント

5:匿名2017年9月10日 23:24 | 返信

戦争になる前に
白頭山が噴火して カリアゲ帝国が壊滅してくれるなら
願ったり叶ったりなんだろw
カリアゲの日頃の行いが悪いから 天罰じゃ~!って言えるもんな

4:匿名2017年9月10日 02:36 | 返信

そ~言えばさ、米国TV映画で似たような火山噴火映画有ったよな~。地下実験が原因で大規模災害が発生するってやつ。地面が避けてマグマが噴出して、みんな飲み込まれて、ど~たら、こ~たら。 
映画の中じゃ化粧決めたパッキン姉さんが逃げ惑うけど、現実の北じゃ汚い姿の住民が逃げ惑うんだろうな。

3:匿名2017年9月10日 01:40 | 返信

百瀬も松原もドヤドヤ過ぎてホント気持ち悪い。これだけ書きまくってたらそりゃいつかなそれなりに当たるわな。

2:匿名2017年9月 9日 07:26 | 返信

 何か、「深読み」出来そうに無いんですよ。

1:匿名2017年9月 8日 22:12 | 返信

北朝鮮なんかどうでもいいから、早くメキシコ地震と日蝕のこじつけ記事を載せてよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。