>  >  > 真木よう子がトラブル続きである“5つの原因”を徹底究明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Love Me Do

,

真木よう子

love27486.jpg
Love Me Do氏

【Love Me Doの占いコラム連載! 芸能・スポーツ・地震予知を当てまくる!!】

~数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判の占い芸人Love Me Do氏(通称・ラブちゃん)。メディア露出の多い人気占い芸人の影に隠れているものの、約20年間学び続けた占いの実力は“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”だという。主な占い実績としては「東日本大震災、熊本地震、トランプ大統領の就任の的中」が挙げられ、占星術、四柱推命、 手相、タロット、 人相、顔相占いなど多数の占い技術を使いこなす~

 主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の低視聴率や打ち切り決定、コミックマーケット参加表明に撤回騒動など、この夏、業界内外の注目を浴びまくった女優・真木よう子。“批判”や“炎上”といったネガティブな話題ばかり続いていた印象だが、彼女に一体何が起きているというのか。以下、ラブちゃんの鑑定である。

51jySeWVRcL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg
画像は、『IQUEEN VOL.2 真木よう子 (PLUP SERIES)』(パルコ)

■1、周りに幸せな人が多いと自分に運がまわってこない

「まず、ドラマの視聴率が取れなかった背景は、真木さんの周りに幸せな人が多かった、あるいは彼女自身のプライベートが上手く行き過ぎていた可能性が高い。出演者やスタッフにハッピーな出来事があると、そちらに運を使ってしまうため、作品そのものには運が回りづらいんです。


■2、木星の影響で炎上した可能性。10月は好調

 一方、主演の真木さんはてんびん座。星回りでは、現在てんびん座に掛かっている木星がさそり座に移る10月10日前後までは、「12年に1度の幸運期」にあります。今回の作品でも、視聴率は取れなくとも話題性という面では大成功していますしね。もっというと、2017年7月~9月の期間は土星の影響で、視聴率が取れない時期だったこともわかります。ですが、2017年10月以降は、土星の影響がなくなるので、視聴率が取れるようにりますよ。もしも、『セシルのもくろみ』が10月スタートだったら視聴率も取れたかもしれません。

 また、もともと地位が上だった人にとっては、木星は「トラブルに巻き込まれる傾向」を示すので、すでに女優として知名度が高かった真木さんのTwitter炎上は、まさにここから来ているのでしょう。

 さらに、土星の位置も気になります。土星は現在、いて座に入っているものの、ドラマがスタートした時期は「てんびん座に試練やプレッシャーを与える」ことを現していたので、真木さんはこれをモロに受けてしまったかと。60度の“吉角”なのですが、この時の試練を乗り越えていれば、10月が絶好調という星回りになっています。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。