>  >  > UFOファンの“聖地”デビルズタワー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

「エリア51」をはじめUFOファンの“聖地”は世界各国にいくつかあるが、その圧倒的な景観で多くの人々を魅了しているのが米・ワイオミング州にある「デビルズタワー」だ。


■『未知との遭遇』ゆかりのデビルズタワーで初のUFOイベントが開催

 アメリカ・ワイオミング州北東部にそびえ立つ386メートルもの高さの岩山がデビルズタワーだ。太古の昔のマグマ活動によって形成された自然の驚異であるこのデビルズタワーは1906年にアメリカで初めてのナショナル・モニュメントに指定され、指定から110年を数えた昨年には記念イベントが行われている。

devilstower1.JPG
デビルズタワー 画像は「Wikipedia」より

 年間40万人の観光客が訪れるというデビルズタワーだが、国家的な自然遺産だからということだけがその人気の理由ではない。1977年のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『未知との遭遇』ではこのデビルズタワーがUFOの着陸場所として描かれることから、UFOファンにとっても“聖地”なのである。そしてUFOファンに特化した初のイベントがデビルズタワーで開催されるというから興味深い。

 9月14日から16日の3日間、ここデビルズタワーで「Devils Tower UFO Rendezvous」というイベントが開催される予定だ。

 同イベント運営組織のウェブサイトによれば、UFOに興味・関心を持つグループが一堂に介してUFOに関する理解をさらに深めると共に、映画『未知との遭遇(Close Encounters of the Third Kind)』の40周年を祝うということだ。実は4K画質にデジタルリマスターされた『未知との遭遇』がこの9月1日から全米の映画館で公開されている。

devilstower2.JPG
画像は「Travel Wyoming」より

 イベントはデビルズタワーにほど近い宿泊施設「Devils Tower Inn」を拠点にして行われ、世界最大のUFOネットワークであるMUFON(ムーフォン)の監修によるUFO捜索の勉強会や、UFO研究のエキスパートによる講演、各地域のUFO情報を持ち寄った会議などが予定されている。また通りを皆で練り歩くパレードや、バンドによるライブ演奏、バーベキューなどのアクティビティも盛り込まれているようだ。ウェブサイトによれば当日の参加も可能のようで、偶然にも観光や仕事で用事があるという向きはチェックしてみてはいかがだろうか。

『未知との遭遇』(2017年)公式予告編 動画は「Sony Pictures Entertainment」より

コメント

3:匿名2017年9月14日 18:24 | 返信

しんじ、丸く収まるな
トカナらしい記事を頼むぜ!

2:匿名2017年9月12日 11:47 | 返信

ありがとね、しんじ。
久しぶりにいい映画思い出させてくれて。

1:匿名2017年9月11日 18:25 | 返信

デビルスタワーは太古の巨木跡って聞いた事ある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。