>  > 間違って伝えられた歴史上の大ウソ5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 研究が進むにつれ、今まで“定説”とされていた歴史上の出来事が間違いだったと判明することも多い。実際に日本史の教科書では、鎌倉幕府の成立年が1192年から1185年に変更されている。同様に歴史上で起きた出来事が、間違って信じられているケースは多い。そこで今回は歴史上で起きた誤解5選を紹介しよう。


■燃え盛る街を見下ろしバイオリンを弾く暴君ネロ

1709_realancienthistory_1.jpg
画像は、「Wikipedia」より

 西暦64年、暴君として知られるネロが治めるローマ帝国で、世界三大大火の1つ“ローマの大火”が起きた。7晩にわたって燃え続けた炎は、市街地の3分の2を焼き尽くしたと伝えられている。そんな大火災の中、暴君ネロは燃え盛る都市を目下に眺めながら、優雅にバイオリンを弾いていたというエピソードは有名だろう。しかし誰もが想像するネロの暴君としての姿が、一部の学者によって覆されようとしている。なんとネロの時代には、バイオリンはまだ発明されておらず、バイオリンを弾くことすら不可能だったという。また資料からは、ネロが火災の最中に市民を助けたことを示唆する情報も見つかっているとか……。

1709_realancienthistory_2.jpg
画像は、「The Radical Catholic」より

コメント

4:トランプ大統領2017年9月18日 07:35 | 返信

歴史の創造と捏造はチョンの得意とするところ
奴が操っているから何でもできてしまう。
奴は歴史を学べとか自分の作った下らん歴史を押し付けてくるが
お前が作ったインチキな歴史などまったく意味がないのと無視して何ら問題ない。

基本的に歴史上の人物は宇宙人の擬人として動いているのだから
捏造されている部分は過去の宇宙人のやり取りの結果であろう
捏造を例えるならばアンサイクロペディア

歴史修正主義者扱いされている
暴君としてはそういう受け取り方をする。

チョンとの戦いに勝利すればイカレタ世界をすべてリセットできるだろう。
人間の歴史自体が根底から無駄なものになってしまうが
それが真実なのだとわかるようになる。

3:匿名2017年9月17日 10:11 | 返信

日本なら
聖徳太子はいなかった!
源頼朝や西郷隆盛の肖像画は別人!等々
どこかで誰かが歴史を捏造すると 100年後には事実にされてしまう危険性もある
明らかな捏造は 早いうちに消しておかないと 大変な事になる

2:匿名2017年9月15日 23:40 | 返信

本人が書いたものがないから存在しないならイエス・キリス
トすら存在しないことになるな
ってアホか

1:匿名2017年9月15日 17:08 | 返信

思わぬ裏切りがあったら「息子よ。お前もか・・・」とカッコよく言わずに
「えっ!嘘~ん。マジでぇ?何でぇ~???」とか言いそう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。