>  >  > マーヴィン・ゲイを聴くとSEXが良くなることが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

セックス

,

研究

,

脳科学

,

触覚

,

認知

,

認識

,

音楽

マーヴィン・ゲイを聴くとSEXが良くなることが判明! タッチがエロく感じる(マックス・プランク最新研究)の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 セックスの質を向上させたいなら、マーヴィン・ゲイの83年のヒットソング『Sexual Healing』をベッドルームで流せば良いことが最新の研究で明らかになった。“セクシーな曲”は、人間の触覚を高める効果があるというのだ!


■セクシーな音楽を聴くと触覚が高まることが判明!

 英紙「Daily Mail」(9月8日付)によると、独マックス・プランク脳科学研究所のトム・フリッツ教授らが、「音楽をセクシーだと感じれば感じるほど、自然と肌に触れるタッチもセクシーに感じる」ことを実験で明らかにしたという。

マーヴィン・ゲイを聴くとSEXが良くなることが判明! タッチがエロく感じる(マックス・プランク最新研究)の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 実験内容は次のようなものだ。被験者らは、「全くセクシーじゃない曲」から「極めてセクシーな曲」をヘッドフォンで聴かされ、腕はカーテンで仕切られた空間に入れられる、その際、腕にロボットか人間が触れるが、この時、被験者は何が自分の腕に触れているか見ることはできない。ちなみに、フリッツ教授らが「極めてセクシーな曲」と認定したのは、マーヴィン・ゲイの『Sexual Healing』、シャーデーの『No Ordinary Love』、ダイアナ・クラールの『Garden in the Rain』、サンタナの『Samba Pa Ti』。「全くセクシーじゃない曲」としたのは、ジョー・サトリアーニの『Surfing with the Alien』、フランク・シナトラの『New York, New York』、ホルヘ・メンデスの『Cold』だという。

マーヴィン・ゲイを聴くとSEXが良くなることが判明! タッチがエロく感じる(マックス・プランク最新研究)の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 その結果、被験者はロボットに触られても人間と感じる場合があるという他にも、曲のセクシーさが被験者の触覚認識にも影響し、タッチをよりセクシーに感じるようになることが明らかになった。

 さらには、被験者に「触れるのはロボットである」とあらかじめ伝えておいても、セクシーな音楽を聴いている時は、同様に被験者の触覚を高め、よりセクシーなタッチを感じたというから驚きだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。