>  > 「顔認識AI」の人物判断がヤバすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 自分のIQ、政治観、セクシャリティー、さらには犯罪嗜好性も見抜かれる……そんな事態を想像したことがあるだろうか? 先日トカナでは「顔写真からゲイを91%特定できるAI」という記事を配信したが、アメリカ・スタンフォード大学のマイケル・コジンスキー教授によると、人の顔写真をAIでフィルタリングすれば、セクシャリティだけでなく、IQや政治観など内面を露骨に読み取ることができ、犯罪心理まで当てられるのだという。


■顔から得られる人物特性をAIが予測

 確かに、顔は人となりを想定できるパーツの一つだ。膨大な顔写真を集め精度の高いデータベースを作り、アルゴリズムに照らし合わせて特定の人物の顔から得られる内面情報を当ててしまおう、という発想はわかりやすい。

 ところが、その膨大な写真はデートサイトやFacebookなどの会員写真から引っ張ってくることに加え、教授によると「アメリカ政府はすでにこうしたAI技術を備えている」というから舌を巻く。楽しい思い出としてフェイスブックに載せた写真を、いわば「人相」のサンプルに使われるのは、何とも複雑な気分だ。

 人相であらかじめ相手の内面を断定してしまう感覚は、2002年に上映された『マイノリティ・リポート』という映画の世界観に似ている。この映画は、殺人事件が起こる前に予知能力者を使って「疑わしい人」を未然に判別し、その人が何も犯罪を犯していないうちに逮捕しておくことで治安維持を図る、というストーリーだ。

facereadingai1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 コジンスキー教授は、逮捕まで推奨していない点で映画よりも発想は幾分マイルドだが、基本的な部分は似ており、「顔認識AIが『この児童は暴力的だ』と判断すれば、実際にその児童が学校で暴力事件を起こす前にその子に心理カウンセラーを付けてあげられる」という例も挙げるなど、社会秩序を保つためにはむしろ有効との感覚の持ち主である。

関連キーワード

AI

コメント

4:匿名2017年9月25日 09:49 | 返信

やっぱり美男美女は総じて苦労知らずなのね
苦労は買ってでもしろとはなんだったのか

3:匿名2017年9月24日 00:38 | 返信

・AIを設計したプログラマーが♂の場合
AI 「おい、俺様の前でレズれっ!」

・AIを設計したプログラマーが♀の場合
AI「アタシの前でシコりなさいっ!」


2:匿名2017年9月23日 18:14 | 返信

司法がAIの判断を採用することになれば大悲報大悲劇だが。

俺なら「朗報!AIは写真から犯罪者のみならず政治思想やIQも見抜く」と書くが。
世間一般どうでよい「ゲイ」をわざわざ最初に書く記事筆者はホモなの?

1:匿名2017年9月23日 17:29 | 返信

これを【悲報】とするということは、筆者はゲイなのか。
見破られたっていいじゃないか。
私に言い寄られるのは迷惑だが、好きな人同士で楽しめばいいじゃないか。
繰り返し言うが、ゲイを見破られても恥ではないから安心しろよ鮎沢明くん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。