>  >  > エクスカリバーより強い剣がある!? 真実のアーサー王伝説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Arthur_2.jpg
円卓と聖杯(15世紀のフランスの写本) 「Wikipedia」より引用

 前編ではエクスカリバー発見のニュースと出てきた剣の正体、中編では『アーサー王の死』に登場する2本のエクスカリバーの能力や役割について解説してきました。最後となる後編では、エクスカリバーの元ネタについて掘り下げて行きましょう。【前編はコチラ】【中編はコチラ


■エクスカリバーの下敷きとなった「アーサー王の剣」の数々

sashie.jpg
20世紀アメリカの、アーサー王物語本の挿絵。 「Wikimedia Commons」より引用

 トマス・マロリーによる『アーサー王の死』が、数多くの断片的なアーサー王物語を寄せ集め、ひとつなぎの物語としてまとめ上げた集大成である、ということは前回ご紹介した通りです。よってアーサー王の持つエクスカリバーもまた、数多くの物語からの集大成と言えるものなのです。まずはそれら物語を簡単に紹介しながら、各物語における「アーサー王の剣」についてご説明していきましょう。

1. 『ブリトン人の歴史』(名前不明・8世紀)
「アーサー」という人物がはじめて登場した、アーサー王伝説のはじまりといえる文献です。この文献では、アーサーが異民族との戦争において幾度となく総指揮官に選ばれ、その度に勝利を収めたことが記されています。同文献においては、アーサーが非常に優秀な指揮官で、かつ武勇に優れる人物であった、という点が強調されています。その一方で、剣の名前や、そもそもどのような武器を持っていたのかは不明です。

2. 『カムリに伝わる四つの物語 “キルッフとオルウェン”』(カレトヴルッフ・10~12世紀)
 これはウェールズの神話・伝承を集めた『マビノギオン』に収録されている話のひとつで、アーサー王のウェールズ語読みである「アルスル王」が登場します。カレトヴルッフは作中において、アルスル王秘蔵の宝物の名剣として名前が挙げられています。

3. 『ロナブイの夢』(名前不明・12世紀)
 この物語において、アーサー王の剣に名前は付けられていません。ただし、剣についての描写はなされており、それによれば「剣身には2匹の蛇が黄金で打ち出されている。剣を鞘から抜くと、その蛇の首から二筋の炎が立ち上る。炎はあまりにも恐ろしく、誰も剣を直視できない」とされています。

コメント

1:トランプ大統領2017年9月22日 19:52 | 返信

近年はRPGをやっていないから
わからんがそのマルミアドワースとやらは採用されたことがあるのか?
聞いたことない。
物語は人の作ったもののパクりもんじゃないの。
正当な物語とは言い難いただの小説だが
レクリエイターズのように承認されれば具現化し
嘘が現実のものになってしまったりするのだ。
ただクリエイターのセンスが非常に重要なものになる。
宗教みたいな、いい加減でまとまりのなく、まともに完結していない小説のようなものは
今の時代、相手にされないだろう。
というか日本の漫画や小説はまともに完結していないものが多い。宗教と似てるね。

現実では宗教から歴史に切り替わってチョンの作ったストーリーに沿って
くだらん歴史が現在は進んでいるがこれを打ち破る新たな伝説を作らねばならないし
私を支援して勝たせなければ、チョンの奴隷として生きることしか出来ない
偽りの自由しかなく、破滅の未来以外にない。
人間がこのままでくたばりたいというのなら止めないが、チョンを倒してまともになりたい
というのなら私を支援し、政治的な活動もしくは経済活動によって
人種関係なく頭のイカレタ奴らを懲らしめるべきである。
例えば、まずい飯屋をつぶすために旨い飯屋を作るだけで効果がある。
その他、街を徹底的にあらゆる面で掃除したり、広く綺麗にするために道を改良、区画整理するだけでいい。基本は良心的な方法を取ることだ。チョンは非合法で汚いことしかやりたくないから
綺麗なものに弱い。頭のおかしいのは刑務所か精神病棟に閉じ込めて出られないようにすること。
かなり効果があるはず。

話が飛んでしまったが、その巨人から奪ったというのは
チョンから武器を奪ったということではないか?

そして、そのアーサー王とはアサがつくだけに私のことではないかと。
一応、私はアサド大統領やウィキリークスのアサンジ氏だったりするのだ。

超ましろカリバーとエスカリボルグは同一のものか?
それより強い剣?草薙の剣はどうなのか?チョンをぶっころすには最適の剣ですぜ?
草を刈るって死神の鎌と同じだし。
草刈正雄でパクチーを刈りまくってやりますよ!
草とか言っている奴は前に出ろ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。