>  > 漏電で男児の陰茎が丸焦げに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

子どもたちを襲う「下半身クライシス」 漏電で陰茎丸焦げ&膣内に髪留め3年間放置の画像1
危険にさらされ続ける中国の幼児たち(イメージ画像)

【日刊サイゾーより】

 児童を狙った誘拐の多発に環境汚染、食の安全の問題と、中国での子育てはさまざまなリスクが存在しているが、ここ最近、“性器”にまつわる事件や事故が相次いでいる。

「北青網」(9月11日付)などによると、黒竜江省ハルビン市で、男児(2歳)に悲劇が襲いかかった。昼下がりの午後、男児はいつものように昼寝をしていた。ロシアと接する黒竜江省は、夏の終わりが早いのだろう。母親は電気カーペットをつけていたのだが、それが不幸の始まりだった……。電気カーペットの品質が粗悪だったようで、男児がおねしょをすると、なんと小便で電気カーペットが漏電! 男児は感電し、陰茎を丸焦げにされてしまったのだ。

子どもたちを襲う「下半身クライシス」 漏電で陰茎丸焦げ&膣内に髪留め3年間放置の画像2
ハルビンでは、おねしょで電気カーペットが漏電し、男児の陰茎を丸焦げに

 すぐに病院で診察を受けたところ、陰茎の4%がやけどしていたという。範囲こそ広くないが、ダメージは大きかった。陰茎は壊死状態に陥り、体温を失っていた。医師によると、将来的には再生医療を受けなければならないかもしれないという。

 ネット上では、男児に同情する声や母親を非難する書き込みが殺到したが、不思議なことに、電気カーペットの製造元を非難するコメントは見当たらなかった。中国製品は、これくらいの事故が起きて当たり前という認識なのか……。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。