>  >  > 生誕80年、美空ひばり52歳の生涯
シリーズ「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」第2回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

美空ひばり52歳の生涯〜死因は特発性間質性肺炎による呼吸不全の画像1

美空ひばり52歳の生涯(写真は『美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)』より)

 今年は日本を代表するディーバ・美空ひばりの生誕80年。ひばりを偲ぶイベントや番組が多い。

『美空ひばり生誕80周年記念だいじょうぶよ、日本!ふたたび(熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』(4月5日)には五木ひろしをはじめ、AKBグループ、EXILE、氷川きよしら豪華アーティスト全22組が集結。9月17日にはフジサンデースペシャル>『美空ひばり生誕80周年 愛と伝説と歌と芝居と…』がオンエアされた。10月17日には豪華本『美空ひばり プレミアムブックス~映像の記憶に励まされて~』が発売される予定だ。
 
 1989(平成元)年6月24日午前0時28分、美空ひばりが華々しくも苦悩に満ちた52年の生涯の幕を降ろした。死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全。なぜ、ひばりは絶唱に命を捧げたのか?
 
 「私はただ、歌が好きなだけ」――。ステージでもスクリーンでも、数知れない絶賛と栄誉を一身に受け、日本人の心に沁み入る名曲を歌い紡いできたひばり。

 だが、「月に叢雲、花に風」のたとえ通り、1980年代に入ると、40歳代を迎えたひばりの前途に暗雲がた垂れ込める。知己・親友や肉親たちの急死が相次いだからだ。ひばり44歳の1981年、実母・喜美枝は転移性脳腫瘍に襲われ68歳で他界。父親代わりになり、ひばりを可愛がった田岡組組長・田岡一雄は死没。1982年、大親友の江利チエミは45歳で夭逝。1984年、「銭形平次」を18年間も好演した大川橋蔵も55歳で永眠。

 息つく間もなく、ひばりの2人の実弟、かとう哲也(1983年)と香山武彦(1986年)も42歳の若さで後を追う悲運に見舞われる。さらに1987年、親交が深かった昭和の大スター、鶴田浩二(享年62)と石原裕次郎(享年52)も次々と不帰の人となる。

失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め……

 ひばりは、1977年にかとう哲也の実子・加藤和也を養子縁組する。だが、折り重なるように落命する人たちを失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め、か細い体を蝕まれる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。