>  > 競馬界の超大物が明かした一攫千金法に戦慄!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
925tocana2.JPG
秋競馬は何かがおかしい

■秋競馬に大異変、今こそチャンス到来

 競馬界に異変が起きている。凱旋門賞を目指すサトノダイヤモンドは前哨戦のフォワ賞でまさかの大敗、関係者はかなりのショックを受けていたという。ここを圧勝すれば凱旋門賞に向けて否が応でも盛り上がっていただけに、競馬ファンも拍子抜けをくらったようだ。

 また、国内でも秋華賞と菊花賞の前哨戦であるセントライト記念とローズステークスで格下馬が勝利。それぞれ世代最強のソウルスターリングとレイデオロが出走しないこともあり、秋華賞、菊花賞路線は混沌模様で波乱含みといえよう。

 さらに今週末に行われるスプリンターズステークスも、かつてのロードカナロアのような中心馬が不在であり、あまり代わり映えしないメンバーで盛り上がりに欠けるなど、せっかく始まった秋競馬がインパクトを欠いているというのだ。

「勝つべき馬が勝たなかったことが痛かったですね。特にサトノダイヤモンドはフォワ賞を圧勝していれば競馬ファンの期待も高まって盛り上がったのかなと思います。懸念されるのはスプリンターズステークスでしょう。短距離のG1レースは、春の高松宮記念が前年比マイナス10%の馬券売上で、今年のG1レースで一番下げ幅が大きかった。9月に入ってもセントウルステークスはマイナス13.5%と売れていない。翌週のローズステークスがプラス18.7%だったことを考えると、短距離路線は競馬ファンの関心が低い」(某記者)

 しかしスプリンターズステークスはそんな背景とは別に、「こんなチャンスは数年に一度だ」と一部の競馬関係者が盛り上がっているらしい。ライトな競馬ファンの関心は低いかもしれないが、競馬情報を取り扱っている者から見れば配当妙味は抜群で「一獲千金を狙うならこのレース」と気合が入っているというのだ。


■的中のカギは関西馬にあり!

 秋G1シーズンの開幕を告げるスプリンターズステークスは、芝1200メートルを1分8秒ほどで駆け抜ける究極の短距離王決定戦であり、また毎年多くの波乱を呼んでいるレースでもある。昨年は断然1番人気のビッグアーサーが最後の直線で進路を確保できず敗退し、まさかの大波乱となった。2006年には16頭立て16番人気のタガノバスティーユが3着に好走し、3連単馬券は1番人気が勝利したにも関わらず263万7570円という大波乱が飛び出したこともある。過去の事例が示すように、スプリンターズステークスは何が起こるかわからない非常に難解なレースなのだ。

 今年のスプリンターズステークスは「高配当必至」といわれているが、そのカギを握るのは関西馬だろう。プロ野球も西の広島カープとソフトバンクホークスが他を圧倒しているように、競馬界も西高東低の勢力図がはっきりしている。いまや関西馬を語らずに競馬は語れない状況なのだ。

 例えばディープインパクト、オルフェーヴル、ナリタブライアンといった近年の三冠馬はすべて関西馬であり、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカといった名牝もまた関西馬である。現役でもキタサンブラック、サトノダイヤモンドといった古馬トップホースが関西馬であり、暮れの有馬記念は過去10年で関西馬が8勝と圧倒しているのだ。

 このように、ビックレースであればあるほど関西馬の取捨選択が馬券を的中させる重要なポイントとなっているのだが、関東だけでなく関西の競馬ファンですらその関西馬情報を簡単には入手できない。それは関西馬の拠点である栗東トレーニングセンターで取材活動をできるのが一部の限られたマスコミだけだからだ。

 しかしそんなマスコミでも関西馬すべてを把握しているわけではなく、さらに厩舎関係者と密接な信頼関係を築いてないため、なかなか本音を聞き出すことはできないのだ。


■“生きた情報”にチェックメイト!

 そういった環境の中で唯一、関西競馬関係者の本音を聞き出すことができる集団があるのをご存じだろうか。それが元関西所属のJRA調教師が中心となって活動する「関西馬専門情報会社チェックメイト」だ。

 チェックメイトは栗東トレーニングセンターと目と鼻の先に本拠地を構え、ファレノプシスやビワハヤヒデなどを育て上げたG1レース7勝の名伯楽・浜田光正や、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した清水久雄など、業界内で知らない者はいない超大物を筆頭に、多数の情報筋が在籍している。そして、競馬界の頂点を極めたこの2人の元には、今なお現役競馬関係者の足が絶えず、現場の生きた情報が毎週届けられているという。馬券で利益を出すために最も大切な『関西馬』の情報、関西陣営の『ホンネ』を入手し、『高確率で馬券に絡む関西馬』を知ることができるのだ。

925tocana1.JPG
桜花賞や秋華賞などを勝利した浜田光正元JRA調教師

 そのチェックメイトは、今週行われるスプリンターズステークスに向けて並々ならぬ決意を抱いているという。

「スプリンターズステークスといえば1番人気で勝つのが難しく、かつ前哨戦で敗れた馬や格下と思われた馬が激走する舞台でもあります。さらに2016年の9番人気ソルヴェイグ、2013年の15番人気マヤノリュウジン、2012年の9番人気ドリームバレンチノといった具合に、この大舞台で人気急落した関西馬が大波乱を演出しています。

 そして今年も、チェックメイトでは人気薄関西馬の情報を入手済み。まだ詳細を明かすことはできませんが、陣営も『上位人気馬と差はない』とやる気満々なだけに、人気薄でも上位争いが期待できますよ」(チェックメイト)

 このスプリンターズステークスはビッグアーサー、レッツゴードンキ、セイウンコウセイ、レッドファルクスといったG1馬が中心となりそうだが、彼らだけが知る関西の穴馬情報を知ることができれば、高配当馬券を的中させたも同然といえよう。するとチェックメイト担当者からこんな朗報が届いた。

「もし本当の関係者情報を味わってみたいと考えているなら、初めて当社を利用される方々を対象に無料提供するスプリンターズステークスの3連単勝負買い目を利用されてはいかがでしょうか。情報料も登録料も不要です。ぜひ、この情報でスプリンターズステークスの高配当を狙ってください」(チェックメイト)

 確かにこれは絶好のチャンスだろう。このスプリンターズステークスで今まで体験したことのない関西馬情報の濃密さを体験し、チェックメイトの関西馬情報の凄さを実感すれば、競馬情報の完成形に辿り着くはずだ。

 なお、チェックメイトではスプリンターズステークス情報だけでなく、ワンコインで可能な午前の資金作りをサポートする『ワンコイン投資プラン』をレース前日に無料公開するなど、さまざまな情報をファンに向けて公開している。そのサービスすべてが魅力的であり、必見だ。

CLICK → 無料提供「スプリンターズステークス3連単勝負買い目」


※本稿はPR記事です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。