>  >  > 【閲覧注意】チェルノブイリで誕生した奇形児8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1709_chernobyldisasterkid_1.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 1986年4月26日、旧ソビエト連邦(現、ウクライナ)で史上最も悲惨と言われる「チェルノブイリ原発事故」が起きた。稼働中の原子炉のうち、4号炉がメルトダウンの後に爆発。原子炉と建物の一部が瞬時に吹き飛ばされ、広島に投下された原子爆弾の約400倍もの放射性物質が大気中に放出された。

 事故から2年後には原発周辺で、突然変異として生まれた豚の胎児が…。発見された豚は、1つの頭部に4本の後ろ足を生やした不気味な姿をしている。さらに調査員の報告では、汚染区域付近に生息する鳥類にも、形成異常や個体数の減少といった影響が出ていることも判明した。

 動物に対する悲惨な放射線の影響が報告される一方で、人体への影響も無視できない。旧ソ連の報告によると、事故現場に居合わせた2,000人あまりの原発職員と消防士のうち、約200人が放射能により被ばく。またソ連崩壊後に明かされた秘密文書からは、子どもを含む多くの近隣住民が急性放射線障害を発症していたことが明らかに。

 1990年以降には、周辺地域で世界平均の100倍以上もの小児甲状腺ガンが発生しているという報告もあるほど。そんな中、海外サイト「LiveLeak」には、放射能が人体に及ぼす影響の恐ろしさを物語る映像が公開されている。

 人気がなく荒廃したチェルノブイリの様子が映し出される中、「今日でさえ(放射能の)影響を目の当たりにすることができる…」という文面とともに、突然変異によって生まれた奇形児を捉えた映像が流れる。中には両足が異常なまでに細長く伸びた乳児や、巨大に膨張した両足をもつ子ども、片目を失った子どもや頭部が信じられないほど膨張した赤ん坊など、様々な形成異常を発症した子どもたちの姿が…。

 “人類史上最悪の人災”から30年以上が経過しようとも、放射能による悪影響が消えることはない。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?