>  >  > 火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像1
画像は「UFO Sightings Daily」より引用
火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像2
ウェアリング氏「UFO Sightings Daily」より引用

 世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」に“最後の投稿”が書き込まれたのは5月12日のことだった。偉大なUFO研究家の唐突の引退宣言に世界中が悲しみに包まれたが、なんと今月に入りこっそりと更新が再開されていたのだ。気になる再開理由は、ただ「多くの読者に戻ってくるよう言われたので、たまに投稿することにました」と簡単に触れられているだけで、詳しく語られていないが、いずれにしろウェアリング氏のカムバックを心から歓迎したい。

 さて、今回ご紹介するのは、記念すべき更新再開第一号の記事でもある「クラゲ型火星人」だ。ウェアリング氏によると、火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像を結合したパノラマ画像を眺めていたところ、30秒ほどで“それ”を発見したという。

 なにはともあれ、問題の画像をご覧頂こう。

火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像3
画像は「UFO Sightings Daily」より引用
火星で完璧すぎる「半透明火星クラゲ」が激写される! 世界的UFO研究家ウェアリング氏の復帰第一号!の画像4
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 確かに奇妙なものが写り込んでいるようだ。一体これは何なのだろうか? 第一発見者であるウェアリング氏のコメントを見てみよう。

「クモに似たクラゲを見つけました。直立し、大きな2つの目が見えます。脚は何本もありますね。私が見る限り、少なくとも4本あり、地面に近づくにつれ透明になっています。全長は3~4インチ(約7~10cm)ほどしょう。卵型の頭をもち、体は1インチ(約2.5cm)ほどの厚み、2インチ(約5cm)ほどの幅です」

 ウェアリング氏はボディの透明感からクラゲと断言しているが、形に注目すれば火星タコといった趣きではないだろうか? 火星人といえばタコをモチーフにした奇怪な生物が描かれるのが常であるが、もしかしたら、かなり正確な描写だったのかもしれない。

コメント

4:匿名2017年9月22日 10:46 | 返信

>彼の揺るぎのない確信を見て取ることができる

「ブログやめます」から半年絶たずにブログ再開?まるで信念のない人だな。この人のブログ見ると「UFOその物が胡散臭く」見えるよ。

3:匿名2017年9月21日 22:07 | 返信

火星の画像はカナダのデヴォン島で撮影されているって、トカナとか言うあまり信用できないサイトで読んだぞ。
捏造画像に踊らされるとは情けないぞ。
あと、デヴォン島の記事のコメント欄に、火星で◯◯が激撮される、という記事をトカナは必ず載せる、と予言させてもらったんだが、当たったわw
ありがとう、トカナw

2:匿名2017年9月21日 19:48 | 返信

>ヒューマノイド、体育座りする人、火星軍兵士、巨大ネズミ、トカゲ、カニ
宇宙から地球を撮影しても上記の物体を写すのは困難かと。
今度はクラゲですか(爆)

1:匿名2017年9月21日 18:28 | 返信

何だよ、UFOペテン師再開したのかよ、スコット・ウェアリングw

懲りない輩だなぁw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。