>  > 地球は100%自然物ではないハイブリッド惑星だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 太陽光などの再生可能エネルギーだけですべての電力が供給できるようになれば、人類にとっての悲願を達成したことになるだろう。では我々の文明の高さはどれほどのものなのか? まだ見ぬ地球外文明の数々と仮に比較した場合、高いのか低いのか? 現代に入ってから、この地球の我々の文明を外から客観的に眺める考察が試みられている。

hybridplanet1.JPG
Science Alert」の記事より


■「カルダシェフの尺度」では地球文明はどのレベルなのか?

 残念ながら我々はまだ地球外生命体を発見できていないが、この宇宙の中で我々だけが唯一の知的生命体であると考えるのは、宇宙空間の広さからいっても不自然に思えるだろう。だとすれば、我々と同じようにせいぜい恒星系内の観測しかできずに惑星に閉じ込められいる知的生命体は考えているよ以上に多いのかもしれない。

 1964年にロシアの天文学者であるニコライ・S・カルダシェフ博士が提唱したいわゆる「カルダシェフの尺度」は、文明が発する電波などを解析して文明の発達レベルを3段階に分ける指標である。

 その惑星に降り注ぐ恒星(我々にとっての太陽)のエネルギーをすべて活用することができる第1段階の文明から、最も近い恒星エネルギーの一部を直接有効活用できる第2段階の文明、さらに最も近い恒星のエネルギーをも完全に手中に収め、属している銀河の多くの星を植民地化して活用している第3段階の文明とこの3つがひとまず定義されている。

class5_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 ちなみに我々人類は、現在第1段階に到達すべく奮闘中であり、そのためにまずはエネルギーの完全な“再エネ化”が至上命題となる。

 我々の太陽を詳細に観察しても、太陽エネルギーを効率よく取り込んで運ぶ衛星などのような施設が確認できないことから、太陽系には第2段階の文明は存在しないことになる。そして公式には地球を訪れた知的生命体はまだないことから、この天の川銀河に第3段階の文明はないのかもしれない。しかしこれについては、それほどの技術があれば我々に気づかれない手段を講じてすでに訪れている可能性もある。

 地球人としての人類にとって気になるのは、我々よりも先に第1段階に到達している文明があるのかどうかという点かもしれない。そして銀河系内に第1段階前後の文明がどれほどの数、存在しているのかにも想像がめぐらされることだろう。

コメント

1:匿名2017年9月26日 17:07 | 返信

基地外シンジ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。